Help us understand the problem. What is going on with this article?

discordpyのrewrite/asyncとは何なのか

More than 1 year has passed since last update.

※ 2019/04/09のrewrite版正式リリースに伴い内容を修正しました。

discord.py を知らない方はこちらをお読みください。
Pythonで実用Discord Bot(discord.py解説)

要は

新バージョンが rewrite
旧バージョンが async

互換性はありません。

python2系/3系と同様の問題と考えてください。

呼称はGithubリポジトリのブランチ名が由来
- https://github.com/Rapptz/discord.py/tree/rewrite
- https://github.com/Rapptz/discord.py/tree/async

rewrite版 について

  • ドキュメント(英語) / 日本語版(翻訳中)
  • 別称 v1.0.0
  • 2019/04/09 にリリース
    • 過去ではgithubからのみインストール可能だった
  • pip install discord.py でインストール
  • python3.7に対応
  • 現在解説している記事は少ない
githubからのインストール方法
pip install git+https://github.com/Rapptz/discord.py.git@rewrite#egg=discord.py[voice]

async版 について

  • ドキュメント(英語)
  • 別称 v0.16.12 or 旧版
  • 2019/04/08 まで pip install discord.py でインストールできたもの
  • python3.7 では動かない
    • 3.4.2 から 3.6.* で動く
  • 現在殆どの記事で解説されているのがこのバージョン
  • 最終更新日 2017/11/13

rewrite版とasync版の仕様変更点

目立つところでは、チャンネルへのメッセージ送信の構文が変更されており、
以下のような違いがあります。

rewrite版の構文
await channel.send('Hi!')
async版の構文
await client.send_message(channel, 'Hi!')

その他詳細は公式ドキュメントに記載されています。
v1.0への移行

後書き

現在多くの記事は discord.py の async版 を扱っており、
現行版の rewrite版 に対応していません。
そのため混乱が多く、理解を得るための記事が必要と考え執筆しました。

以後説明が面倒な際はこちらの記事を投げてください。

sencorp
幼稚園・保育園向けインターネット写真サービス「はいチーズ!」を提供しています。
https://sencorp.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした