Edited at

MacでJava9にアップデートした場合にアンインストールする方法


まえがき

2017年9月21日にJava9が発表されました。

このリリースにはいくらかの破壊的変更が含まれているため、

アップデートを行うと動作しなくなる場合があります。

そのため、Java9をアンインストールする必要があるのですが、

調べてもちゃんとまとまった記事が出てこなくて困ったので、

自力で検証して実行した方法をまとめます。

※2017/11/28更新時点の情報です。


実行手順

sudo rm -fr /Library/Internet\ Plug-Ins/JavaAppletPlugin.plugin

sudo rm -fr /Library/PreferencePanes/JavaControlPanel.prefPane
sudo rm -fr ~/Library/Application\ Support/Java

でJavaを消し去り、

sudo rm -fr /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-9*

でJDKを消し去ります。

途中でパスワードを訊かれたら、ログインパスワードを入力してください。

上記コマンドを実行後、

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

から目的のJDKをインストールすれば大丈夫です。

Java8なら Java SE 8u152 のJDKを。


補足

JDKは /Library/Java/JavaVirtualMachines/ 以下に

jdk-9.*.*.jdk というパッケージで格納されています。

念のため、

ls /Library/Java/JavaVirtualMachines/

で中身は確認した方が良いです。


参考

[1] Oracle : MacでのJavaのアンインストール方法(対象:Java7.0,8.0)

[2] Oracle : 10 JDK 8 Installation for OS X

[3] ターミナルの使い方