Help us understand the problem. What is going on with this article?

mackerelでSSL証明書の監視を行いSlackに通知させるまで

SSL証明書の期限の管理は
メール等で飛んでくるように設定していても忘れがちですね。

自動更新と思っていたものが、手動更新だったり、
外部のURLが証明書の期限切れていたり。。。

外部のものも合わせると
自分が担当しているプロジェクトは、
約10個ほど証明書の期限を管理する必要があったため、
監視できるサービスを調査していました。

というわけでmackerelでSSL証明書の期限の監視を
実装して行きましょう。

mackerelの料金

まず、mackerelの料金から。
プラン自体は2種類でFreeプランと
有料のStandardプランがあります。

初回登録から2週間まではTrialプランとして
Standardプランと同じ機能を使うことができます。

注意点として、

  • Trialプラン終了後は自動的にFreeプランに変更
  • SSL証明書の監視は、外形監視項目となるので、Freeプランでは使用できない。

今回のように、外形監視のみを行う場合でも、
外形監視が20個ごとに、スタンダードホスト1台とみなされるので
1833円/月かかってしまうことに注意です。

mackererl_price.png

アカウント(組織)の設定

mackerelは、アカウント登録時にorganization(組織)を作成し、
内部の設定は組織ごとの設定になります。

mackerel_organization.png

モニタリング項目の設定

アカウント登録後は
monitor > 監視ルールを追加
でモニタリング項目を登録していきます。

mackererl_list.png

今回、外形監視であるSSL証明書の監視を追加するため
「外形監視」を選択

mackererl_rule.png

監視ルールの詳細設定

監視対象のURLやhttpメソッドを入力していきます。

アラートの発生条件は、オプションを指定しない場合は

  • ステータスコードが、4XX,5XXの場合
  • 15秒以上のタイムアウト
  • SSL証明書が不正の場合 になります。

mackererl_setting_1.png

以降は、オプション設定です。

  • レスポンスタイムの閾値
  • 通知の再送間隔
  • リクエストヘッダ、ボディ
  • 証明書の有効期限の閾値

などを設定できます。

mackererl_setting_2.png
mackererl_setting_3.png
mackererl_setting_4.png

ここまでで、
監視項目の設定が終わったので、
アラートの内容をslackに通知させるようにしましょう。

mackererl_list.png

通知設定

Channelsで通知設定できますが、
アカウント作成時はDefaultで、Emailが設定されています。

Slackを追加する場合は、
右上の「通知グループ/通知チャンネルを追加」から
Slackを選択します。

mackererl_notification_1.png
mackererl_notification_2.png

ここで、通知チャンネルと
SlackのIncomming Webhooks URLを入力します。

上のURLから、Incomming Webhooks URLをコピペしてきてください。

mackererl_notification_3.png

また、通知する内容や、通知するイベントなどを設定できます。

mackererl_notification_4.png

ここまで設定すると、Slackで通知されます。
成功するとこんな感じ。

mackerel_slack.png

最後に

一通り、SSL証明書の監視をmackerelで設定していきましたが、

SSL証明書の監視だけでいくと1833円/月かかってしまう点と
証明書の監視はあくまでhttpリクエストのオプションとしてついている点が気になりますね。

とはいえ、説明やヘルプが日本語なので設定自体が簡単で
slackの設定まで含めて、30分以内で設定可能なのは嬉しいですね。

metaps
世界の頭脳へ コンピュータにあらゆるデータを学習させて、人々の最適な意思決定を支える頭脳になることを目指しています。
https://metaps.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした