Posted at

Visual Studio Code で Go の開発環境を作る

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

Visual Studio Code を使った Go 環境が快適だと聞いたので、自分の Mac Pro にインストールし、デバッグ環境構築までの備忘録です。中身は、公式サイトに書かれていることを順にやっているだけです。


環境


Mac のバージョン


Go のバージョン

$ go version

$ go version go1.8 darwin/amd64


環境構築


自動補完の設定

Code -> 基本設定 -> 設定 で setting.json を開くか、⌘, で setting.json を開きます。以下の設定を追加して保存します。


setting.json

{

"go.autocompleteUnimportedPackages": true
}


デバッグ環境の設定

Homebrew を使っているのであれば、brew install go-delve/delve/delve でデバッグ環境が作れるようですが、僕の環境では、MacPorts を使っていたので、こちらの Manual install の手順で環境を作ります。


toolchain のインストール

xcode-select --install


自己署名証明書の作成


  1. キーチェーンを起動して、 キーチェーンアクセス->証明書のアシスタント->証明書を作成... を選択

  2. 名前を好きなもので設定(例えば、dlv-cert)

  3. 証明書のタイプは、 コード署名 を選択

  4. デフォルトを無効化にチェック


  5. 生成 をクリックし、そのあと表示される確認ダイアログで 続ける をクリック

  6. 有効期間を 3650 に設定して、 続ける をクリック


  7. 続ける をクリック(これを証明書の場所を指定画面まで続けます)

  8. キーチェーンで システム を選択し、 作成 をクリック

  9. キーチェーンで作成した自己署名証明書の情報ダイアログを表示

  10. 信頼を展開して、この証明書を使用するときを 常に信頼 に変更


devel のインストール

$ mkdir $GOPATH/src/github.com/derekparker

$ cd $GOPATH/src/github.com/derekparker
$ git clone https://github.com/derekparker/delve.git
$ cd delve
$ CERT=dlv-cert make install


確認

$ dlv --help

Delve is a source level debugger for Go programs.

Delve enables you to interact with your program by controlling the execution of the process,
evaluating variables, and providing information of thread / goroutine state, CPU register state and more.

The goal of this tool is to provide a simple yet powerful interface for debugging Go programs.

Pass flags to the program you are debugging using `--`, for example:

`dlv exec ./hello -- server --config conf/config.toml`

Usage:
dlv [command]

Available Commands:
attach Attach to running process and begin debugging.
connect Connect to a headless debug server.
debug Compile and begin debugging main package in current directory, or the package specified.
exec Execute a precompiled binary, and begin a debug session.
run Deprecated command. Use 'debug' instead.
test Compile test binary and begin debugging program.
trace Compile and begin tracing program.
version Prints version.

Flags:
--accept-multiclient[=false]: Allows a headless server to accept multiple client connections. Note that the server API is not reentrant and clients will have to coordinate.
--api-version=1: Selects API version when headless.
--build-flags="": Build flags, to be passed to the compiler.
--headless[=false]: Run debug server only, in headless mode.
--init="": Init file, executed by the terminal client.
-l, --listen="localhost:0": Debugging server listen address.
--log[=false]: Enable debugging server logging.
--wd=".": Working directory for running the program.

Use "dlv [command] --help" for more information about a command.