search
LoginSignup
5

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

Ubuntu18.04にPython3.8 + Pipenv環境を構築

はじめに

Ubuntu18.04に環境構築したので、作業メモとして残します。
Python3.8のインストールにはpyenvを使用します。

環境

Ubuntu 18.04.3 LTS

手順

1.Git インストール

$ sudo apt install git

2.pyenv インストール

githubからpyenvをクローンする。

$ git clone https://github.com/pyenv/pyenv.git ~/.pyenv

パスを環境変数に設定。
Ubuntuだと.bash_profileでなく.bashrcに記載する。
[参考]
https://github.com/pyenv/pyenv#basic-github-checkout

$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bashrc
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc

シェル起動時にpyenvが起動されるように設定。

$ echo -e 'if command -v pyenv 1>/dev/null 2>&1; then\n  eval "$(pyenv init -)"\nfi' >> ~/.bashrc

シェル再読込 & インストール確認。

$ exec "$SHELL"
$ pyenv --version
pyenv 1.2.15-2-g22c02022

3.Python3.8 インストール

Pythonのビルドに必要なパッケージをインストールする。
[参考]
https://github.com/pyenv/pyenv/wiki#suggested-build-environment

$ sudo apt-get update; sudo apt-get install --no-install-recommends make build-essential libssl-dev zlib1g-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev wget curl llvm libncurses5-dev xz-utils tk-dev libxml2-dev libxmlsec1-dev libffi-dev liblzma-dev

Python 3.8.0 をインストール(時間がかかるので気長に待ちます)

$ pyenv install 3.8.0

インストール確認

$ pyenv versions
* system
  3.8.0

4.ローカルで使用するPythonを指定する

pyenvでインストールしただけではPython3.8は有効にならないので、明示的にバージョンを指定する。

$ mkdir -p ~/sample/py38
$ cd ~/sample/py38
$ pyenv local 3.8.0

ローカル以下(上の例だとpy38ディレクトリ以下)でpython3.8が有効になる。(pipコマンドも同様)

$ python --version
Python 3.8.0
$ pip --version
pip 19.2.3

5.Pipenv インストール

$ pip install pipenv
$ pipenv --version
pipenv, version 2018.11.26

6.Pipenv プロジェクト作成

環境変数にPIPENV_VENV_IN_PROJECT=trueを指定すると、プロジェクト直下にvenvディレクトリが作成される。vscodeとの連携がしやすいため、ここではtrueに設定する。

$ mkdir pipenvdemo
$ cd pipenvdemo
$ export PIPENV_VENV_IN_PROJECT=true
$ pipenv --python 3

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
5