Edited at

Intel Compute Stick をサーバ化


Intel Compute Stick を Ubuntu Server に

x86_64 で,ある程度の処理をこなせる安価な小型 PC が欲しくて Intel Compute Stick を購入.

しかしデフォルトで入っている Ubuntu 14.04 LTS は GUI しか無くて,

8GB しかないストレージを圧迫しているし,Wi-Fi のレイテンシがやたら高くて不安定.

そこで Ubuntu 18 を導入し,サーバとして動かすまでの初期設定をメモ.


Intel Compute Stick の Wi-Fi 問題

Ubuntu 18 はデフォルトでは Wi-Fi モジュールの RTL8723BS を認識しない.

しかしインターネット無しでインストールを進めるのは色々と困難があるので,

有線 LAN ポートの付いた USB ハブを使って有線ネットワーク接続を行い,

Ubuntu 18 を USB メモリからブートしてインストール.


RTX8723BS 用のドライバをインストール

Intel Compute StickでUbuntu16.04 を使うを参考に,以下のコマンドを実行.

これもインターネット接続があればこそできることなので,

有線 LAN ポート付きの USB ハブは偉大.

$ sudo apt update

$ sudo apt install build-essential linux-headers-generic git
$ git clone https://github.com/hadess/rtl8723as.git
$ cd rtl8723as
$ make
$ sudo make install
$ sudo depmod -a
$ sudo modprobe r8723bs


Wi-Fi の設定

Ubuntu 17 からはネットワーク管理に netplan が採用されたので,せっかくなので使ってみた.

複数の SSID (hoge, piyo) にそれぞれのパスワード(fuga, hogera)を設定しておけば,

自動でつなぎ変えてくれるようになる.

昔は wpa-roam でやっていたなぁ.

optional: true とすることで,ブート時にネットワーク構成に失敗しても待たない設定になる.

$ sudo vim /etc/netplan/interfaces.yaml

+ network:
+ version: 2
+ renderer: networkd
+ ethernets:
+ eth0:
+ addresses: []
+ dhcp4: true
+ optional: true
+ wifis:
+ wlan0:
+ addresses: []
+ dhcp4: true
+ optional: true
+ access-points:
+ "hoge":
+ password: "fuga"
+ "piyo":
+ password: "hogera"

$ sudo netplan apply


HDMI モニタ無しでの起動

GRUB の設定などで対応する方法もあるようなのだが,試したが上手く行かず.

HDMI のモニタとして認識されるデバイスを挿すことで対応.

しかし一般的にこのデバイスは HDMI のオス端子なので,HDMI のメスメスコネクタで接続.


apt のゴミを削除

ストレージを圧迫しがちな不要なパッケージは適宜削除する.

$ df

$ sudo apt autoremove


できあがり

あとは ssh や systemd あたりの設定をしておけば,USB mini type C で電源を与えればどこでもサーバとして起動する PC のできあがり.

ラズパイとの比較は以下.

Item
ComputeStick
Raspberry Pi 3B

CPU
Intel Atom Z3735F
ARM Cortex-A53

Core
4
4

Clock
1.33~1.83GHz
1.2~1.5GHz

RAM
1GB
1GB

Storage
8GB
N/A

USB
2.0x1
2.0x4

Size
10.3 x 3.8 x 1.3 cm
8.5 x 5.6 x 1.7 cm

Weight
54.5g
45.4g

w/
Fan, MicroSD, Cover
Ethernet, φ3.5cmOutput,...

w/o
Audio
Storage, A/C Adapter, Cover

Custom
Difficult
Easy

Price
5,740 JPY
5,220 JPY

見た目の性能,価格はほとんど変わらないが,処理は Intel Compute Stick の方が速い気がした.

BogoMips で比較するのも恥ずかしいが,Intel Compute Stick は 2665.60,Raspberry Pi 3 は 38.40 なので速度に影響が出る程度の差はある.

そこは Intel x86 と ARM Cortex やら CPU キャッシュ・ストレージ速度の違いか.

特にハードのカスタマイズをしない用途ならば,Intel Compute Stick も悪くないと思う.