Ruby
rbenv
ruby-build

rbenv+ruby-buildを使ってMacにRubyの環境を構築する

More than 1 year has passed since last update.

rbenvとそのプラグインのruby-build

システムのRubyに依存させたくなかったり、複数バージョンのrubyを管理したい場合に使うのがバージョンマネージャー。今回はrbenvとruby-buildを使って、システムのRubyに依存しないruby環境を作る。ruby-buildはrbenvのプラグインで、rbenv installが使えるようになる。

rbenvをインストールする

rbenvをホームディレクトリの.rbenvにクローンしてくる。

$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv

rbenvにパスを通す

zshであれば、.zshrcとか。bashであれば、.bash_profileとか。

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

つまり、以下の設定が記述されていればOK。

export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"

シェルを再起動するとrbenvが使えるようになる。

ruby-buildをインストールする

単体のプログラムとしても使えるけど、プラグインとして扱うことを推奨しているので、こちらを紹介。
ホームディレクトリの.rbenv配下にpluginsフォルダがあるので、その中にクローンする。

$ git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

rbenvでRubyをインストールする

以下のようにバージョンを指定してRubyをインストール。

$ rbenv install 2.2.0

すると、~/.rbenv/versions/配下にインストールしてきたrubyが配置される。インストールしてきた後はshimのリフレッシュをしておく。

$ rbenv rehash

使うRubyの指定

あとは、実際に使うRubyを指定する。グローバルに指定したいのであれば、rbenv globalを。ローカルで指定したいのであればrbenv localを使う。

$ rbenv global 2.2.0

指定したあとに、パスが.rbenv配下のrubyを向いていればOK。

$ which ruby
# /Users/1000ch/.rbenv/shims/ruby

Rubyのアンインストール

rbenvを使ってインストールしたRubyは、以下のようにしてアンインストールする。ちなみにこのuninstallコマンドもruby-buildによって提供されているそう。

$ rbenv uninstall 2.2.0

そのままですね。