Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
244
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@1000ch

nodenv を使って Mac に Node.js の環境を構築する

nodenv という Node.js のバージョンマネージャを使う。 Node.js のバージョンマネージャとしては creationix/nvm やら hokaccha/nodebrew などがある。どれも使いやすいので好みで選んで問題ないが、 nodenv は ruby のバージョンマネージャである rbenv/rbenv のクローンであり同じコマンド設計なので、 rbenv や pyenv や plenv に慣れている・合わせたい人にオススメ。

nodenv をインストールする

nodenv をホームディレクトリの .nodenv にクローンする。

$ git clone git://github.com/nodenv/nodenv.git ~/.nodenv

nodenv にパスを通す

zsh であれば、 .zshrc とか。 bash であれば、 .bash_profile とか。

$ echo 'export PATH="$HOME/.nodenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(nodenv init -)"' >> ~/.bash_profile

つまり、以下の設定が記述されていればOK。

export PATH="$HOME/.nodenv/bin:$PATH"
eval "$(nodenv init -)"

シェルを再起動すると nodenv が使えるようになる。

node-build をインストールする

nodenv/node-build という nodenv のプラグインをインストールすることで、 nodenv installnodenv uninstall が使えるようになる。ホームディレクトリの .nodenv 配下に plugins フォルダがあるので、その中にクローンする。

$ git clone https://github.com/nodenv/node-build.git ~/.nodenv/plugins/node-build

プラグインのロードのため、シェルの再起動もとい nodenv の再ロード( nodenv init )が必要。

node-build-update-defs をインストールする

nodenv/node-build-update-defs という nodenv のプラグインをインストールすることで、 nodenv update-version-defs が使えるようになる。ホームディレクトリの .nodenv 配下に plugins フォルダがあるので、その中にクローンする。

$ git clone https://github.com/nodenv/node-build-update-defs.git ~/.nodenv/plugins/node-build-update-defs

プラグインのロードのため、シェルの再起動もとい nodenv の再ロード( nodenv init )が必要。このコマンドを実行すると、インストール可能な Node.js をアップデートできる。

$ nodenv update-version-defs
Checking for new nodejs versions
14.8.0 written

nodenv で Node.js をインストールする

以下のようにバージョンを指定して Node.js をインストール。

$ nodenv install 14.8.0
$ nodenv install 12.18.0

すると、 ~/.nodenv/versions/ 配下にインストールしてきた Node.js が配置される。インストールしてきた後は shim のリフレッシュをしておく。

$ nodenv rehash

使う Node.js を指定する

あとは、実際に使う Node.js を指定する。グローバルに指定したいのであれば、 nodenv global を。ローカルで指定したいのであれば nodenv local を使う。 nodenv local を実行すると、カレントディレクトリに .node-version というファイルが作成され、そこに指定したバージョンが書かれている。これによって、そのプロジェクトでは .node-version に書かれたバージョンを参照するようになる。

$ nodenv global 14.8.0
$ nodenv local 14.8.0

指定したあとに、パスが .nodenv 配下の node を向いていればOK。

$ which nodenv
# /Users/1000ch/.nodenv/shims/nodenv

Node.js をアンインストールする

nodenv を使ってインストールした Node.js は、以下のようにしてアンインストールする。

$ nodenv uninstall 14.8.0

そのままですね。

244
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
1000ch
✌(՞ټ՞✌)
mercari
フリマアプリ「メルカリ」を、グローバルで開発しています。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
244
Help us understand the problem. What is going on with this article?