Help us understand the problem. What is going on with this article?

ラズパイでcronがうまく設定できないときのTips

概要

ラズパイを買って、なにかしら定期処理させようとしたときにちょっとハマった。
そもそもcron触ったことない場合のcronの注意と
ラズパイだとコマンドちょっと違うよっていう話。

僕と同レベルの初学者向けに書いてます。

ラズパイ編

cronの起動、再起動

/etc/init.d/cron start
/etc/init.d/cron restart

↓は検索するとよく出てくるけど

service crond restart

debian(ラズパイのOS)だとそんなものないよってなるので注意。

ログ

設定

/etc/rsyslog.conf(抜粋)
###############
#### RULES ####
###############

#
# First some standard log files.  Log by facility.
#
auth,authpriv.*         /var/log/auth.log
*.*;auth,authpriv.none      -/var/log/syslog
#cron.*             /var/log/cron.log
daemon.*            -/var/log/daemon.log
kern.*              -/var/log/kern.log
lpr.*               -/var/log/lpr.log
mail.*              -/var/log/mail.log
user.*              -/var/log/user.log

以下の記述がデフォルトでは、
コメントアウトされてるので、解除。

#cron.*             /var/log/cron.log
↓
cron.*             /var/log/cron.log

確認方法

当たり前だけど、これでいけます。

cat /var/log/cron.log

cron

設定方法

以下のコマンドでエディターが開きます。
色々書いてるけど、一番下に実行したいコマンド書いたら実行されます。

crontab -e

※PHPを実行したいけどエラーが出たとき

フルパスで書くのが重要

例えば、
/var/www/html/cron.php
を実行したいとき。

このファイル内でなにかしらインクルードしてる場合は、

cron.php
include("./hogehoge.php")

↑こう書くとエラーが出る。

cron.log
(CRON) error (grandchild #***** failed with exit status 255)

なのでフルパスで書いてあげる。

cron.php
include("/var/www/html/hogehoge.php")

また、実行したいファイルでなく、PHPの場所も書いたほうがいい。
僕は書いたら動きました。

* * * * * /usr/bin/php /var/www/html/cron.php

終わりに

間違ってたら指摘ください

1-chome
なるべく頑張ってアウトプットしていきたい初学者
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした