Help us understand the problem. What is going on with this article?

【備忘録】GitHub経由でHerokuにデプロイするまでの流れ

大まかな流れ

1.GitHubにリモートリポジトリをつくる
2.ローカルリポジトリをつくり、リモートリポジトリにプッシュ
3.HerokuにAppをつくり、GitHubと連携

GitHubにリモートリポジトリをつくる

image.png

ローカルリポジトリをつくり、リモートリポジトリにプッシュ

ターミナルを開き、ローカルリポジトリをつくるディレクトリに移動し、下記コマンドを打つ。

git init
git commit -m "初回コミット"
git remote add origin https://github.com/{GitHubのユーザー名}/{リモートリポジトリ名}.git
git push -u origin master

やってること

①git init:ローカルリポジトリをつくる
②git add:ディレクトリやファイルをインデックスに登録
③git commit:変更をローカルリポジトリにコミット
④git push:リモートリポジトリにプッシュ

HerokuにAppをつくり、GitHubと連携

①「Create new app」をクリックし、次の画面でApp名を指定して「Create App」をクリック。
image.png

②Setting>Buildpacksで開発言語に合わせたBuild Packを選択。
image.png

③Deploy>Deployment methodの「GitHub」をクリック(下図赤枠)。
image.png

④GitHubでつくったリモートリポジトリを検索し、「Connect」をクリック。
image.png

⑤Deploy>Automatic deploysの「Wait for CI to pass before deploy」にチェックを入れ、「Enable Automatic Deploys」をクリック。※
その後、Deploy>Manual deployの「Choose a branch to deploy」がmasterになっていることを確認したうえで「Deploy Branch」をクリック、手動Buildする。
image.png
※ チェックを入れるとDeploy前にHeroku CIが動き、自動的にソースコード内で設定されたユニットテストが実行される。
  そのテストコードがすべてパスしたら、Deployするフローとなる。

参考にさせて頂いた記事

heroku 初級編 - GitHub から deploy してみよう -

0yan
都内のICT企業で人事兼業務自動化・効率化担当してます。10月から経営企画として社内のDX推進を担当する予定です。【PyPI】https://pypi.org/project/lineworks/ 【GitHub】http://github.com/0yan
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした