Heroku にデプロイしたアプリにタイムゾーンを設定する

現状を確認する

以下のコマンドをうって、リモート (Heroku) に接続する。

$ heroku run bash
Running bash on ⬢ appname... up, run.3789 (Free)

リモートに接続できたら date で現状を確認する。
デフォルトは UTC で設定されているらしい。

$ date
Sun Apr  8 22:08:58 UTC 2018

タイムゾーンを変更する

タイムゾーンを変更するには、一旦ローカルに戻る。
そして、以下を実行する。(ここでは、太平洋標準時間を設定する)

$ heroku config:add TZ="America/Los_Angeles"

設定できたかを確認するため、先ほどと同じようにリモートに接続して date を実行する。
時刻のあとに PDT と表示されていれば、正常に設定されている。

$ date
Sun Apr  8 15:13:36 PDT 2018

他のタイムゾーンに変更する

他のタイムゾーンに変更したい場合は、heroku config:add のあとに続く TZ=hoge/fuga を好きなように変更すれば良い。
TZ= に続く部分のフォーマットは、List of tz database time zones を参照すると良い。
例えば、日本標準時なら Asia/Tokyo とすれば良いし、世界標準時なら UTC とすれば良い。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.