Help us understand the problem. What is going on with this article?

PythonからOpenCVのcontribを使用する

More than 1 year has passed since last update.

背景

macOSではOpenCVをbrew経由でインストール可能だが、SIFTなどcontribに含まれる機能を使うことはできない(昔はcontribもインストールできたが今はできなくなってしまった)。
contribの機能を使うには自前でOpenCVをビルドしなければならない。
自分の作業メモ的に記録しておく。
この記事ではOpenCV4(4.1.0)のインストールを想定している。

1. OpenCVのダウンロード

下記URLからOpenCVのソースコードをダウンロード
https://github.com/opencv/opencv/releases
適当な場所に解凍する

2. OpenCV contribのダウンロード

下記URLからOpenCV contribのソースコードをダウンロード
https://github.com/opencv/opencv_contrib/releases
適当な場所に解凍する。OpenCVの解凍して出てきたフォルダ直下に適当な名前で解凍しておくとよい(contribなど)。

3. cmakeの設定

ついでにcmakeもインストール
https://cmake.org/download/
OpenCVのビルドのために必要。

4. OpenCVのビルド

cmakeを起動し、ビルドの設定を行う。

    1. contribのモジュールも一緒にビルドするためにOPENCV_EXTRA_MODULES_PATHにステップ2でダウンロードしたOpenCV contribの保存場所を指定する。 Screen Shot 2019-08-30 at 14.16.14.png
    1. 著作権で保護された機能(SIFTなど)を使うためにOPENCV_ENABLE_NONFREEにチェックを入れる Screen Shot 2019-08-30 at 14.19.28.png
    1. Configure、Generateをクリックしてmakeファイルを生成
    1. コマンドラインからmake、ビルドが終わったらmake installを実行する

5. opencv-python, opencv-contrib-pythonをインストール

Python経由でOpenCVを触るために下記のソフトをpipでインストール
- https://pypi.org/project/opencv-python/
- https://pypi.org/project/opencv-contrib-python/

6. ビルド結果をpythonのパッケージにコピーする

下記ファイル(cv2.cpython-37m-darwin.so)をPythonのcv2のパッケージにコピーする
Screen Shot 2019-08-30 at 15.28.46.png
Screen Shot 2019-08-30 at 15.30.35.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした