Help us understand the problem. What is going on with this article?

Discord Policeができるまで【前編】

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

結構前からDiscordBotを作りたいなぁと思っていてやっと一つ作れたので、できるまでの道のりを書いていく。
(※なお単語リストを別にする方法もありますが、今回は一つのファイルにまとめたいのでこの方法です。)

用意したもの

  • MacBook Pro
  • Discordのアカウント
  • 自分が管理しているDiscordサーバー
  • 集中力

1.下準備

1.2 node.jsのインストール

とりあえずDiscordのBOTを作る前に何の言語で作るかを考えた結果JavaScriptが自分には良さそうだったのでDiscord.jsを使うことにした。
まずはnode.jsのインストールから。
以下のコマンドでnode.jsのインストールをする

ターミナル
$ nodebrew install-binaly latest

1.3 DiscordのAPI TokenとClietIDを取得しておく

DEVELOPER POTALで"Create an application"をクリック→"APP ICON"と"NAME"を決めて"Save Change"をクリック。
できたら画面の真ん中らへんにある"CLIENT ID"をコピー
次に左側にある"Bot"をクリック→"Add bot"→"Yes, do it!"をクリック。
その後、またまた画面真ん中らへんにある"TOKEN"の"Click to Reveal Token"をクリックしてTokenを取得。

2.とりあえずなんか作ってみる

2.1 以下の内容をコピペ

bot.js
const Discord = require('discord.js');
const client = new Discord.Client();

client.on('ready', () => {
  console.log(`Logged in as ${client.user.tag}!`);
});

 client.on('message', msg => {
  if (msg.content.match(/不適切な単語1/) || msg.content.match(/不適切な単語2/)) {
    msg.delete(100);
    msg.reply('不適切な投稿を削除しました。');
  }
});

client.login('【YOUR TOKEN】');

とりあえず実行

コピペが終わったら一回起動してみる。
起動は以下のコマンドで

ターミナル
$ npm install discord.js
$ node bot.js

とりあえずこれでBOT自体は動いているのでサーバーにBOTを招待。
以下の【ApplicationClientID】の場所に先ほどコピーしておいた"CLIENT ID"をペースト
https://discordapp.com/oauth2/authorize?&client_id=【ApplicationClientID】&scope=bot&permissions=0
そしてエンター。

うまくBOTがログインできていれば成功です!

ということで前編はここまで。暇があったらまた後半書きます。

nnn-school
IT×グローバル社会を生き抜く“創造力”を身につけ、世界で活躍する人材を育成する。
https://nnn.ed.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした