nodebrewでNode.jsをバージョン管理 - Node.jsとRubyの環境構築(2)

  • 44
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

※この記事はMac OSを前提として書かれています。
※Windowsの場合は、「nodistでNode.jsをバージョン管理」を参照してください。

Node.jsとRubyの環境構築:目次
1. Homebrewをインストール
2. nodebrewでNode.jsをバージョン管理
3. rbenvでRubyをバージョン管理

Node.jsのインストール

Node.js.png

nodebrewというツールを使ってNode.jsのインストールやバージョン管理をおこないます。そのため、公式サイトからNode.jsをインストールしないように気をつけてください。

すでに公式サイトからインストールしてしまった場合

私もそうでしたが、すでに公式サイトからNode.jsをインストールしてしまっていたら、そのNode.jsをアンインストールします。「node.jsのversionを管理するためにnodebrewを利用する」に記載されているcurl -o uninstall-node.sh ...から始まる9個のコマンドを実行すれば、Node.jsをアンインストールできます。

Node.jsをインストールしたかどうかを忘れてしまった場合は、以下のコマンドで確認できます。

$ node -v

もしNode.jsがインストールされていればバージョンが表示されます。

nodebrewのインストール・設定

Node.jsのバージョンを管理するツールであるnodebrewをインストールします。

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

.bash_profileを「テキストエディット.app」で開いて、以下の内容(2行目)を書き込みます。

.bash_profile
export PATH=/usr/local:$PATH
export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

.bash_profileを再読み込みします。

$ source ~/.bash_profile

nodebrewのインストールと設定が完了しました。

Node.jsのインストール

使用できるNode.jsのバージョンの一覧を表示します。

$ nodebrew ls-remote

以下のようにNode.jsのバージョンが表示されます。

v0.0.1    v0.0.2    v0.0.3    v0.0.4    v0.0.5    v0.0.6    

v0.1.0    v0.1.1    v0.1.2    v0.1.3    v0.1.4    v0.1.5    v0.1.6    v0.1.7
v0.1.8    v0.1.9    v0.1.10   v0.1.11   v0.1.12   v0.1.13   v0.1.14   v0.1.15
v0.1.16   v0.1.17   v0.1.18   v0.1.19   v0.1.20   v0.1.21   v0.1.22   v0.1.23
v0.1.24   v0.1.25   v0.1.26   v0.1.27   v0.1.28   v0.1.29   v0.1.30   v0.1.31
v0.1.32   v0.1.33   v0.1.90   v0.1.91   v0.1.92   v0.1.93   v0.1.94   v0.1.95
v0.1.96   v0.1.97   v0.1.98   v0.1.99   v0.1.100  v0.1.101  v0.1.102  v0.1.103
v0.1.104  

v0.2.0    v0.2.1    v0.2.2    v0.2.3    v0.2.4    v0.2.5    v0.2.6
...

ここではv0.10.38のNode.jsをインストールします。

$ nodebrew install-binary v0.10.38

最後に、インストールしたNode.jsをMacで利用できるようにします。

$ nodebrew use v0.10.38

確認のため、Node.jsのバージョンを確認してみましょう。

$ node -v

(当然ですが)v0.10.38と表示されました。

npmのアップデート

npmとは、Node.jsのパッケージを管理するツールです。

Node.jsをインストールすると、npmも同時にインストールされます。ただし、そのnpmは最新のものとは限りません。最新のバージョンのnpmを利用するためには、アップデートをおこなう必要があります1

以下のコマンドで、現在のnpmのバージョンを確認してみます。

$ npm --version

npmのバージョンは1.4.28でした。次に、npmをアップデートします。

$ npm update -g npm

再度バージョンを確認すると、2.11.2にアップデートされていました(2015年6月18日現在)。

参考サイト

「Node.jsとRubyの環境構築」バックナンバー

  1. Homebrewをインストール
  2. nodebrewでNode.jsをバージョン管理
  3. rbenvでRubyをバージョン管理