1. Qiita
  2. 投稿
  3. rbenv

rbenvでRubyをバージョン管理 - Node.jsとRubyの環境構築(3)

  • 5
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Node.jsとRubyの環境構築
1. Homebrewをインストール
2. nodebrewでNode.jsをバージョン管理
3. rbenvでRubyをバージョン管理

Rubyのインストール

ruby.png

rbenvというツールを使ってRubyのインストールやバージョンの管理をおこないます。

rbenvとruby-buildのインストール

Rubyのバージョンを管理するツールであるrbenvをインストールします。

$ brew install rbenv

.bash_profileを「テキストエディット.app」で開いて、以下の内容(3・4行目)を書き込みます。

.bash_profile
export PATH=/usr/local:$PATH
export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
export RBENV_ROOT=/usr/local/var/rbenv
if which rbenv > /dev/null; then eval "$(rbenv init -)"; fi

.bash_profileを再読み込みします。

$ source .bash_profile

Rubyをインストールするためにrbenv installコマンドを実行したいのですが、そのためにはruby-buildプラグインをインストールする必要があります1

$ brew install ruby-build

これでRubyをインストールする準備が整いました。

Rubyのインストール

インストールできるRubyのバージョンの一覧を表示します。

$ rbenv install -l

以下のようにRubyのバージョンが表示されます。

Available versions:
  1.8.6-p383
  1.8.6-p420
  1.8.7-p249
  1.8.7-p302
  1.8.7-p334
  1.8.7-p352
  1.8.7-p357
  1.8.7-p358
  1.8.7-p370
  1.8.7-p371
  ...

ここでは、一覧の中から2.1.6のRubyをインストールします。

$ rbenv install 2.1.6

最後に、インストールしたRubyを利用できるように設定します。

$ rbenv global 2.1.6

念のため、設定したRubyのバージョンを確認します。

$ ruby -v

ruby 2.1.6p336と表示されました。

RubyGemsのアップデート

RubyGemsとは、"gem"と呼ばれるRubyのライブラリを管理するツールです。Rubyのバージョンが1.9以上であれば、Rubyのインストール時にRubyGemsもインストールされています2。npmと同様にアップデートだけしておきます。

以下のコマンドで、現在のRubyGemsのバージョンを確認します。

$ gem --version

RubyGemsのバージョンは2.2.3でした。次に、RubyGemsをアップデートします。

$ gem update --system

再度バージョンを確認すると、2.4.8にアップデートされていました(2015年6月18日現在)。

「Node.jsとRubyの環境構築」バックナンバー

  1. Homebrewをインストール
  2. nodebrewでNode.jsをバージョン管理
  3. rbenvでRubyをバージョン管理