UbuntuでSublimeTextをインストールする為のメモ

  • 32
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

sublime_text_icon_2181.png

http://www.sublimetext.com/

sublime Text3 をインストールする。

Pythonの開発が増えたので、そろそろTabでの記述から卒業かなと思い、エディターを探してsublimeに出会ったのでまとめました。

多分、この先長くお付き合いするだろうエディターなのでメモ残しておきますね。慣れるとヤバいw

sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/sublime-text-3
sudo apt-get update
sudo apt-get install sublime-text-installer

起動する

コマンドで

subl

Package Controllを入れて拡張する。

自分の環境ではスクリプトでのインストールに失敗したため(urllib2で何故かエラー)だったので、マニュアルでインストール

1) Preferences > Browse Packages… をクリックしてフォルダーを表示

2) https://packagecontrol.io/Package%20Control.sublime-package でダウンロードしたパッケージを(1)で開いたフォルダーにそのままぶち込む。

3) Sublimeを再起動する。

4) Ctrl+Shift+P で何かが出てくるので、そこに install と打ち込んでInstall PackegがあればOK

日本語で入力できるようにする。

1)関連パッケージをインストールする。

sudo apt-get install ibus-mozc

sudo apt-get install emacs-mozc

2) Ctril+Shift+P でAdd Repository を打ち込んで選択し、下に出てきた箇所に

https://github.com/yasuyuky/SublimeMozcInput

を入れてURLを覚えさせる。

3) Ctril+Shift+P でinstall pakegより「SublimeMozcInput」を選択する

4) Ctril+\で日本語テキストをテキストに入力してみる。

5) 自分はCtril+スペース派なので、キーショートカットを編集する。

Preferences > Key Binding-User をクリックし、
{ "keys": ["ctrl+space"], "command": "toggle_mozc" }を追加する

6) うまくいけば超ハッピー

日本語メニューにする。

1) Ctril+Shift+P でinstall pakegより「Japanize」を選択しインストール

2) 再起動すれば日本語化される。

 先人達に感謝

http://qiita.com/wakaba260/items/b2a1b40ccabc820917cb
http://qiita.com/lunatea/items/53f4adcc6ea3f316e781
http://qiita.com/kanpou_/items/bc739c1215fc222f17c8
https://github.com/yasuyuky/SublimeMozcInput

Sublimit を細かくチューニングする。

http://qiita.com/lunatea/items/7101572e159f98369bc9

JSONでエディターの設定を変えられるのヤバい。
テーマもテキスト側とメニュー側で別々に設定出来たので、テキストは黒カラーでメニューは白カラーでって設定が出来て最高。
と言うか、このGUIの作り方、ものすごく勉強になる。
実はSublimeは有料エディターらしく、ちょくちょく募金サイト?に飛ぶが、これは払っても良い気がしてならない。よく作ったなぁ・・・w