Ubuntu12.04にSublimeText2のインストールと日本語入力設定

  • 40
    Like
  • 4
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

SublimeText2をインストール

cf.Ubuntuにsublime text 2をインストール

以下のコマンド実行

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/sublime-text-2
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install sublime-text

sublimetext公式サイト からダウンロードするより楽でした。
シンボリックリンクを自動で付けてくれているようです。

$ which subl
/usr/bin/subl

これで、

$ subl

と入力すれば、sublime text が起動します。

SublimeText2の日本語化力化

LinuxでのSublimeTextの日本語入力 を非常に参考にしています。
(リンク先ではSublimeText3を対象としていましたが、SublimeText2でもできました。)

SublimeText2は、デフォルト状態ではUbuntuで日本語入力ができません。
日本語入力設定の流れを以下に記します。

Mozcのインストール

以下のコマンド実行

$ sudo apt-get install -y ibus-mozc

Mozcの設定を行う必要があるので、
Mozcのインストール・設定・操作説明
で確認してください

emacs-mozcのインストール

以下のコマンド実行

$ sudo apt-get install -y emacs-mozc

SublimeTextにPackageControlをインストール

Installation - Package Control
のタブ内のテキスト「import urllib2 ~~~」をすべてコピー。
メニューバーの View > Show Console を押下。
下の方にでた入力画面にコピーしたテキストを貼り付けて、Enter。
その後SublimeText再起動。

レポジトリの追加

Ctril+Shift+P でコマンドパレットを開いて「Package Control:Add Repository」を選択し、

https://github.com/yasuyuky/SublimeMozcInput

と入力してリポジトリを追加

SublimeTextプラグイン「SublimeMozcInput」のインストール

コマンドパレットから「Package Control:Install Package」で「SublimeMozcInput」を入力、選択してインストール。
これでエディタ上で ctrl+¥ を押すことで日本語入力ができるようになります。

キーバインドの設定

デフォルトでは、日本語入力と英数入力の切り替えは ctrl+¥ になっています。このキーバインドは変更可能です。
例えばキーバインドを ctrl+space にしたい場合、
メニューバーのPreferences > Key Binding-User を押下し、表示されたファイル内に、

[
{ "keys": ["ctrl+space"], "command": "toggle_mozc" }
]

と追加すれば、ctrl+space で日本語入力と英数入力の切り替えができます、