Sublime Text 3 の初期設定

  • 148
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Package Controlのインストール

Simple Install

[CTRL + `]を入力するか、[View]メニューから[Show Console]を選択します。

show_console01.png

ウィンドウの下部にコンソールが開きます。

show_console02.png

Package Controlの INSTALLATIONのページから、
SUBLIME TEXT 3と書かれたタブ内のimportから始まるコードをコピーして、コンソールに貼り付け[Enter]で実行します。

simple_insttalation.png

[Preferences]メニュー内に[Package Control]が追加されていればインストール成功です。

preferences.png

インストール直後にこのようなメッセージが出た場合はいったん再起動しましょう。

restart.png

Manual Install

Simple Installが何らかの原因で上手く行かない場合は、Manual Installを試してみて下さい。
Simple Installで上手くいっている場合は飛ばして構いません。

[Preferences]メニューの[Browse Packages...]を選択しPackagesフォルダを開きます。

PackagesフォルダはWindows 10にインストールした場合、
C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Sublime Text 3の中に、
ポータブル版の場合は本体と同じフォルダ内にDataフォルダがあるのでその中にあります。

browse_packages.png

Package ControlのサイトのManualと書かれた方の説明文の中にpackage Control.sublime-packageのリンクがあるのでダウンロードします。

package_control02.png

Packagesフォルダの1つ上の階層にInstalled Packagesフォルダがあるので、
その中にダウンロードしたファイルをコピーして、Sublime Textを再起動します。
再起動後、[Preferences]メニュー内に[Package Control]が追加されていればインストール成功です。

メニューの日本語化

Japanizeで日本語化

Package Controlをインストールしたら、[Preferences]メニューから[Package Control]を選択してコマンドパレットを表示し、マウスで[Package Control: Install Package]をクリックするか、キーボードでinstall packageと入力してEnterを押します。
実際にはiと入力すれば絞り込み検索でInstall Packageが先頭に来るのでそのまま[Enter]を押せばOKです。

package_control01.png

インストール可能なパッケージの一覧が表示されたら、Japanizeと入力して[Enter]を押します。
こちらもjapaまで入力すれば先頭に来るはずです。

package_control02.png

Japanizeパッケージのインストールに成功すとPackage Control Messagesという名前のテキストが開き、メインメニューのみ日本語化されるので、
適応手順に書かれている内容を参考にサブメニューの日本語化を行います。


Package Control Messages
====================

Japanese menu for Sublime Text 3  

Sublime Text 3の日本語化プラグインです。  
[ゆーがいぶろぐ](http://blog.huwy.org/article/292827228.html)さんの日本語化ファイルがベースです。  

適用手順  
1.C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\Japanizeにインストールされている*.jpファイルを、  
    C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\Default  
  にコピーします。※Defaultフォルダがない場合は作成してください。  
2.コピーしたファイルをオリジナルのファイル(.jpが付かないファイル)と置き換えます。(念のため、オリジナルのファイルが有る場合は.orgなどを付けて保管しておきましょう。)  
3.C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\Japanize\Main.sublime-menu(.jpが付かない方)を、  
    C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\User  
  にコピーします。すると、他のプラグインで上書きされてしまっているトップメニューも日本語化されます。  

※Mac OSでは/Users/ユーザー名/Library/Application Support/Sublime Text 3/Packages/*に読み替えてください。  

以上です。  

まずは、メニューの[基本設定(Preferenes)]から[Browse Packages...]を選択します。すると、ユーザー設定の保存されているフォルダが開かれるので、JapanizeフォルダとDefaultフォルダがあるかを確認します。
Defaultフォルダはなければ作成し、Japanizeフォルダ内の拡張子が.jpのファイルをすべてDefaultフォルダ内にコピーします。

japanize01.png

Defaultフォルダにコピーしたファイルの拡張子.jpを削除します。
Windowsの場合、ファイルの種類がJP ファイルからSUBLIME-MENU ファイルになっているはずです。

japanize02.png

最後に、JapanizeフォルダにあるMain.sublime-menu(拡張子.jpの付いていない方)をUserフォルダ内にコピーします。

japanize03.png

これで、Sublime Textのメニューが日本語化されました。

配布元:kik0220/sublimetext_japanize · GitHub

ChineseLocalizationで日本語化

SublimeTextを日本語化するのに、Japanizeの代わりにChineseLocalizationをインストール方法もあります。

ChineseLocalizationというパッケージ名ですが、中国語の簡体中文、繁体中文に加え、日本語にも対応していて、インストール後にメニューの[ヘルプ]に追加されている[Language]から表示言語の切り替えも可能です。

また、Japanizeと違ってDefaultフォルダを作ってそこにファイルをコピーするといった作業が不要なので、導入はこちらのほうが簡単です。

ChineseLocalization01.png

なお、ChineseLocalizationをインストールすると、同時にZZZZZZZZ-Localizationというパッケージも追加されますが、これはJapanizeの適用手順3のMain.sublime-menuに相当するファイルです。

ChineseLocalization02.png

IMEの表示を修正する

SublimeTextで日本語入力を行うと、初期状態では入力した内容がインラインで表示されずポップアップした小窓に表示されて使いづらいです。

IMESupportをインストールする事で、この問題をある程度解決することが出来ます。

このパッケージはWindows専用です。

IMESupport.png

Shift JIS等でファイルを読み書き出来るようにする

ConvertToUTF8

Sublime TextはデフォルトではShift_JISやEUC-JPといった日本語環境特有の文字コードに対応しいないため、これらの文字コードで保存されたファイルは文字化けしてしまいます。

ConvertToUTF8をインストールすると、ConvertToUTF8が一旦UTF-8に変換することで、文字化けせず表示されるようになります。

ConvertToUTF8_01.png

初めて開くファイル名の場合、文字コードの選択リストが表示されますが、一度正しい文字コードを選択すると以降は開いたファイル名はキャッシュされ自動で変換されるようになります。

ConvertToUTF8_01a.png

なお、エンコードを指定して開き直したり保存したりするときは、SublimeTextの標準機能である[エンコードを指定して開き直す]と[エンコードを指定して上書き保存]では無く、メニューの[ファイル]に追加されている[Set File Encoding to]と[Reload with Encoding]を使用します。

ConvertToUTF8_02.png

EncodingHelper

EncodingHelperをインストールすると、Preferences.sublime-settingsのshow_encodingtrueになり、ステータスバーからShift_JISやEUC-JPを含む多種多様な文字コードのファイルをUTF-8に変換して表示することが出来ます。

EncodingHelper01

EncodingHelper02

特定の文字コードのファイルを自動変換して開きたいときは、[基本設定] > [package Settings] > [EncodingHelper] > [Settings - User]で、
EncodingHelper.sublime-settingsを開き、open_automatically_as_utf8に、自動変換したい文字コードを指定します。

EncodingHelper.sublime-settings
{
    "open_automatically_as_utf8": ["CP932"]
}

EncodingHelperを使用して文字コードを変更すると、ファイルが変更された扱いになり、ファイルを閉じる時に確認メッセージが出ます。
ConvertToUTF8の場合はファイルが変更された事になりません。

コマンドプロンプトを開く

「Terminal」をインストールすれば、ショートカットキーやコンテキストメニューからコマンドプロンプトを開くことが出来ます。

初期設定では「Ctrl+Shift+t」で開いているファイルと同じフォルダ、
「Ctrl+Alt+Shitf+t」でプロジェクトフォルダがOSのデフォルトのTerminalで開きます。

terminal01.png

設定は「基本設定(Preferences)」→「Package Settings」→「Terminal」で変更できます。

cmd.exeをコードページを変更して開く場合

Terminal.sublime-settings
{
    "terminal": "cmd",
    "parameters": ["/k", "chcp", "65001"]
}

chcp 65001でUTF-8に、932でShift_JISになります。

PowerShellをコードページを変更して開く場合

Terminal.sublime-settings
{
    "terminal": "PowerShell",
    "parameters": ["-NoExit", "-Command", "chcp", "65001"]
}

ConEmuを使ってPowerShellを管理者権限で開く場合のサンプルです。
"shell": trueを指定することでパラメータを空白毎に1つ1つ区切らず繋げて書くことも出来ます。

Windowsのコンソールは見た目も機能も貧相なのでConEmuConsoleZと任意のシェルを組み合わせて使うのが便利だと思います。

Terminal.sublime-settings
{
    "terminal": "ConEmu64",
    "shell": true,
    "parameters": ["/cmd {PowerShell (Admin)}"]
}

配布元:Sublime Terminal

ウィンドウを透過させる

GlassIt」パッケージをインストールした後、
https://github.com/ivellioscolin/settransparency/tree/master/binaryからSetTransparency.exeをダウンロードして、Sublime Textのインストールフォルダにコピーして再起動します。

後は、altキーを押しながらマウスのホイールをグリグリすればウィンドウの透過度を上げたり下げたり出来るようになります。

GlassIt

Color Schemeを一覧から選択する

新しいColor Schemeをインストールしてみたものの、お気に入りの配色が見つかるまでメニューから1回1回選んで確認をするのは面倒です。

Color​Scheme​Selector」パッケージをインストールすれば、コマンドパレットから「ColorSchemeSelector: Select Color Scheme」を実行することでColor Schmeを一覧表示し、キーボードの↑↓キーで配色の確認をしながら選択が出来るので便利です。

ColorSchemeSelector

設定のバックアップと共有

Sublime Textの設定ファイルが置かれているフォルダを丸ごとDropboxやOneDrive等のオンラインストレージで同期しているフォルダに移動します。

例えば、C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\内にあるSublime Text 3フォルダをC:\Users\ユーザー名\Dropbox\AppData\内へ移動

次は同期フォルダへのシンボリックリンクをSublime Text 3フォルダが場所に作成します。
これで、Sublime Textを普通に起動すれば、同期フォルダ内の設定が認識されるようになります。

後は設定を同期させたいPCで、Sublime Textの設定フォルダを同期フォルダのシンボリックリンクに置き換えていけばOKです。

Explzhをインストールしていれば、右クリックでドラッグアンドドロップした時、メニューにシンボリックリンクをここに作成(L)が追加されるので簡単に設定できておすすめ

シンボリックリンクをここに作成(L)

Explzh

実際に他のPCと共有出来ているか確認していないので自己責任でお願いします。

不要な言語のパッケージを無効化

デフォルトでインストールされている各言語の定義ファイルもパッケージの一種なので、使用しないものはPreferences.sublime-settingignored_packagesで指定すれば無効化できます。

Sublime Textをインストールしたフォルダの中にPackagesフォルダがあるので、その中にあるファイルの名前から拡張子を取り除いたものを指定すればOKです。

これで、Package Controlで同じ言語の異なるバージョン(PythonとPython 3等)の定義ファイルをインストールしても、デフォルトの定義ファイルと被って邪魔(特にBuild SystemがAutoの時)ということが無くなります。

Preferences.sublime-setting
{
    ...
    "ignored_packages":
    [
        "ActionScript",
        "AppleScript",
        "ASP",
        "Batch File",
        "C++",
        "Clojure",
        "CSS",
        "D",
        "Diff",
        "Erlang",
        "Graphviz",
        "Groovy",
        "Haskell",
        "HTML",
        "Java",
        "LaTeX",
        "Lisp",
        "Matlab",
        "Objective-C",
        "OCaml",
        "Perl",
        "PHP",
        "Python",
        "R",
        "Rails",
        "Regular Expressions",
        "RestructuredText",
        "Ruby",
        "Rust",
        "Scala",
        "ShellScript",
        "SQL",
        "TCL",
        "Textile",
        "TOML",
        "Vintage",
        "XML",
        "YAML",
        ...
    ],
    ...
}

使用しない言語を無効化すればメニューもここまでスッキリに

extension.png

ちなみに、デフォルトのカラースキーマも不要ならば以下のように設定する事で無効化が可能です。

Preferences.sublime-setting
{
    ...
    "ignored_packages":
    [
        "Color Scheme - Default",
        ...
    ],
    ...
}

Befor:
Color Scheme01.png

After:
Color Scheme02.png

基本設定ファイルの詳細

SublimeText 3の基本設定に新しく記事を書きましたのでそちらを参照して下さい。