WindowsでOpenPoseを動かしてみた。

  • 9
    いいね
  • 3
    コメント

目次

1.OpenPoseを動かしてみた。
2.OpenPoseチュートリアルのソースコードを読む。
3.WindowsでOpenPoseを動かしてみた。
4.OpenPoseのFace Estimationを動かしてみた。

目的

UbuntuでOpenPoseを動かしてみたに続き、Windows版OpenPoseが公開されたため
WindowsでOpenPoseのデモを動かす手順を説明する。

OpenPose:
https://github.com/CMU-Perceptual-Computing-Lab/openpose

MEMO.png

環境

以下の環境で動作確認した。
・Windows10 (64bit)
・CUDA-8.0
・cuDNN v5.1
・Python2.7.13
GPU:NVIDIA GeForce GTX1050

WindowsでOpenPoseのデモを動かす手順

まずは、CUDA-8.0・cuDNN 5.1・Visual C++ 2015のランタイム・Python2.7.13をインストールする。

CUDA-8.0

 デフォルトのインストール場所「C:\Program Files\NVIDIA GPU Computing Toolkit\CUDA\v8.0」に入れること。
 デフォルトでない場合は、 Visual Studioの設定を変える必要がある。

cuDNN 5.1

 ユーザー登録して、「cuDNN v5.1 (Jan 20, 2017), for CUDA 8.0」→「cuDNN v5.1 Library for Windows 10」をダウンロードする。ダウンロードしたファイルを解凍して、「C:\Program Files\NVIDIA GPU Computing Toolkit\CUDA\v8.0」以下にcudnn64_5.dll/cudnn.h/cudnn.libをコピーする

Visual C++ 2015ランタイム or Visual Studio 2015 Community

Visual C++ 2015のランタイムをインストールする。
開発をするなら、Visual Studio 2015 Communityをインストールしてもよい。

Python2.7.13

Python 2.7.13を C:\Python27 (default)へインストール

DEMOの実行

コンパイル済みのDEMOの実行ファイルをダウンロード・解凍する。
http://posefs1.perception.cs.cmu.edu/OpenPose/OpenPose_demo_1.0.1.zip

1. サンプル動画で動かしてみる

cd openpose_1.0.0rc2
.\bin\OpenPoseDemo.exe --video examples\media\video.avi

2. Webカメラで動かしてみる

cd openpose_1.0.0rc2
.\bin\OpenPoseDemo.exe

3. サンプル静止画で動かしてみる

cd openpose_1.0.0rc2
.\bin\OpenPoseDemo.exe --image_dir examples\media\

追加ライブラリのコンパイル

OpenPoseのWindows branchをCmake・Ninjaをインストールした上で、コンパイルする手順を記載する。

Cmakeのインストール

Cmakeをインストールし、Windowsの環境変数に登録する。
システムのプロパティ→詳細設定→環境変数→Pathに「C:\Program Files\CMake\bin」を追加

Ninjaのインストール

Ninjaをダウンロード、「C:\Program Files\CMake\bin」にコピーする

OpenPoseのWindows branchからダウンロード

OpenPoseのWindows branchをダウンロード、「C:\openpose」に設置する。

cd C:\openpose\3rdparty\caffe\caffe-windows.
scripts\build_win.cmd