[ESP-WROOM-02]ESP-WROOM-02+土壌湿度センサーとIFTTTでセンサーの値を定期tweetする

  • 4
    いいね
  • 0
    コメント

はじめに

このエントリは、以下のエントリの続きです

育てている盆栽の水やりのタイミングを見える化したかったので、ESP-WROOM-02、土壌湿度センサーを使って、土の中の水分を測ります

今回は、IFTTTを使って、土壌湿度の値をtweetします

電子部品

参考

IFTTTの準備

IFTTTにアクセスしてMy Recipesから、レシピを作っていく

「this」には「Maker」を設定、「that」には「twitter」を設定する
このとき「Maker」で設定したイベント名を、スケッチ(ESP-WROOM-02に書き込むプログラム)で使う

設定後、 https://ifttt.com/maker にアクセスすると、シークレットキーが記載されている
こちらも、スケッチ(ESP-WROOM-02に書き込むプログラム)で使う

センサーの値によってtweet内容を変えたかったので、レシピは3つ用意した

スケッチの作成

ArduinoIDEのメニューのファイル>スケッチの例>ESP8266WiFi>WiFiClientを選択して、サンプルスケッチを使う

ESP-WROOM-02で取得したセンサーの値をIFTTTに渡すを参考にスケッチを作成

センサーの値によってtweetを変えたかったので、event名をif文で分岐した
また、ESPーWROOM-02の機能である、deep sleepを使うことを考え、loopには何も書かず、setup内でのみGETするようにした

setupの最後に「ESP.deepSleep(3600 * 1000 * 1000);」を加え、開発ボードのIO16ピンとRESETピンをつなげる
こうすることで、ESP-WROOM-02の省電力モードであるdeep sleep機能が使えるようになる

arduino
#include <ESP8266WiFi.h>

const char* ssid = "自分のwifi環境のSSID";
const char* password = "自分のwifi環境のパスワード";

const char* host = "maker.ifttt.com";
const char* secretkey = "自分のMakerのkey";

extern "C" {
#include "user_interface.h"
}

void setup() {
  Serial.begin(115200);
  delay(10);

  // We start by connecting to a WiFi network

  int moisture = readMoisture();
  String moisture_str = String(moisture);

  WiFi.begin(ssid, password);

  while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
    delay(500);
    Serial.print(".");
  }

  // Use WiFiClient class to create TCP connections
  WiFiClient client;
  const int httpPort = 80;
  if (!client.connect(host, httpPort)) {
    Serial.println("connection failed");
    return;
  }

  char* event = "";
  if (moisture >= 200) {
    event = "hungry_bonsai_full";
  } else if (moisture >= 100 and moisture < 200) {
    event = "hungry_bonsai_soso";
  } else {
    event = "hungry_bonsai_hungry";
  }

  // We now create a URI for the request
  String url = "/trigger/";
  url += event;
  url += "/with/key/";
  url += secretkey;
  url += "?value1=";
  url += moisture_str;

  Serial.print("Requesting URL: ");
  Serial.println(url);

  // This will send the request to the server
  client.print(String("GET ") + url + " HTTP/1.1\r\n" +
               "Host: " + host + "\r\n" + 
               "Connection: close\r\n\r\n");
  delay(10);

  // Read all the lines of the reply from server and print them to Serial
  while(client.available()){
    String line = client.readStringUntil('\r');
    Serial.print(line);
  }

    // every 60 min
  ESP.deepSleep(3600 * 1000 * 1000);
}

void loop() {
}

int readMoisture() {
  int moisture = 1024 - system_adc_read();
  return moisture;
}

結果

hungry_bonsai.png

@hungry_bonsai

まとめ

IFTTTを使うことで、ESP-WROOM-02とtwitterの連携が簡単にできる
ひとつの関数を呼び出すだけでdeep sleepが使えて便利
あとはdeep sleepが使えれば、盆栽の水分量を見える化できると思う