MacでPython使う時の最低限のメモ(Homebrew編)

  • 62
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

まず、Macには最初からPythonがインストールされています。
これを利用してもいいのですが、homebrew版のを利用してみたいと思います。

その他、pyenvを利用してインストールや使用バージョンを管理することもできます。こちら

環境

  • Mac OSX 10.11.2(El Capitan)

標準状態

which python
/usr/bin/python

brew版のインストール

brew版では、Python2.x系とPython3.x系をインストールすることができ、Python3.x系はPython3としてインストールされるので、特に考えなくても共存できます。ここでは、とりあえずPython2.x系を利用してみます。

brew info pythonとしてみるとわかるが、pipも一緒にインストールされるようです。

brew install python

インストール後、再度which pythonしてみると、

/usr/local/bin/python

brew版(/usr/local/bin/以下)が利用されています。
なお、これは、標準で、/usr/binより、/usr/local/binが優先されているためなので、何かしらの理由でPATHの設定がそのようになっていない場合は、.bash_profile等で優先順位をきちんと定義します。

モジュール等のアップデート

pipはsetuptoolsをラップしているものらしいので、各ツールをアップデートしておきます。

pip install --upgrade setuptools
pip install --upgrade pip

標準状態のpythonはpipは入っていないようです。その場合は、easy_install pipでインストールできます。

インストール済モジュールの確認

一覧は、

pip freeze

で確認できます。各モジュールの詳細は、

pip show <package_name>

で見ることができます。パッケージは、

/usr/local/lib/python2.7/site-packages

にインストールされるようですが、これは元々のpythonもbrew版のpythonも同じ場所を見るようです。

モジュールのインストール

必要なモジュールをインストールします。私は、とりあえず下記があれば事足ります。

pip install numpy
pip install matplotlib
pip install pillow

matplotlibを入れるとnumpyもインストールされるようです。

Django

とりあえず、Djangoのセットアップも書いておきます。It worked!が出るまで。

インストール

pip install django

pip install django==1.9などとして、バージョンをしていすることもできます。

プロジェクト作成

django-admin.py startproject django_test

テストサーバの起動と確認

cd django_test
python manage.py runserver

ブラウザでhttp://127.0.0.1:8000/ にアクセスしてみます。It worked!とでればOK。

brewでインストールされる2.7.11にはバグがあり、うまく起動しません。
既に2.7.10が入っていれば大丈夫なようですが。クリーンインストールの場合はダメなようです。
対策についてはこちらに書きました。