In App Billing V3の実購入テストで「購入しようとしたアイテムが見つかりませんでした。」が表示される場合の対応方法

  • 18
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Androidのアプリ内課金で、今まで問題なかった購入テストがいつのタイミングなのか「購入しようとしたアイテムが見つかりませんでした。」と表示されるようになっていました。

0b2680f5-3a52-db4d-7945-47fe7a11d479.png

原因

結論からいうと、「Google PlayでAPKがドラフト版状態にあるとテストが出来ない!」ということでした。

Androidの公式ドキュメントでもそのような記載を見つけました。

Draft Apps are No Longer Supported
http://developer.android.com/google/play/billing/billing_testing.html#draft_apps

対応法

対応方法はAPKをベータ版かアルファ版に移行して、公開できるようにメタ情報やスクリーンショット、価格などをすべて埋めて公開します。

ベータ版の公開方法については下記がとても詳しいです。

Google playでのベータ版配布機能について
http://qiita.com/kaa/items/3904845d225d40f9a6ef

公開にする際は製品版にAPKが上がっていると、Google Playに一般公開されてしまうので注意が必要です。確実にベータ版などに移行されているのを確認してからにしましょう。


さていったい、この仕様変更はいつ頃からなのでしょうか。
2014年5月の上旬は間違いなく購入テストが可能だったんですよね。

この原因がわからずかなりの時間を費やしてしまいました。はじめからAndroidの公式ドキュメントに目を通しておけばこんなことにならない
ものを。。

もし同じような悩みの人がございましたら、参考にしていただけると幸いです。