Azureの無料試用期間終了後に無料オプションを使う Part-2

  • 8
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

以下に記載があるApp Serviceを無料で使ってみようと思います。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/free/pricing-offers/

10個までかつディスク容量1Gまで無料で使えそうです。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/app-service/

関連ページ
Azureの無料試用期間終了後に無料オプションを使う Part-1


リソースグループを日本で作成

まずリソースグループを日本で作成するので、リソースグループを選択後、追加ボタンをクリック。
image

リソースグループ名は自分で分かりやすいものにし、リソースのグループの場所を東日本もしくは西日本にします。
image

App Serviceを無料インスタンスで作成

App Serviceを選択後、追加をクリック。
image

アプリ名はAzure上でユニークになる名前を付ける必要があります。
リソースグループは先ほど作成した物を使用し、App Serviceプラン/場所については新規作成します。
image

App Serviceプランも分かりやすい名前を付け、場所はJapan EastもしくはJapan Westを選択します。
デフォルトは価格レベルがS1になっており、課金されてしまうため変更します。
image

価格レベルを選択する際、おすすめ表示の場合は有料インスタンスしか表示されませんので、すべて表示をクリックします。
image

無料インスタンスF1は一番下までスクロールしないと表示されません。
image

無料インスタンスでアプリを作成します。
image

作成されたアプリのプランを確認すると(Free)と表示されています。
image

サブスクリプションの状況確認

しばらくしてからサブスクリプションを確認しましたが課金状況に変化はありませんでした。
(私の場合はPart-1でも記載しましたがサブスクリプションをアップグレードした時点で課金されてしまったので、現在の料金に17円が表示されています。)
image