Markdown記法 サンプル集

  • 763
    Like
  • 2
    Comment

Markdown記法 サンプル集

見出し

1個から6個シャープで見出しを記述する。

記述例

# 見出し1
## 見出し2
### 見出し3
#### 見出し4
##### 見出し5
###### 見出し6

表示例

見出し1

見出し2

見出し3

見出し4

見出し5
見出し6

箇条書きリスト

ハイフン、プラス、アスタリスクのいずれかで箇条書きリストを記述可能。

記述例

- リスト1
    - ネスト リスト1_1
        - ネスト リスト1_1_1
        - ネスト リスト1_1_2
    - ネスト リスト1_2
- リスト2
- リスト3

表示例

  • リスト1
    • ネスト リスト1_1
      • ネスト リスト1_1_1
      • ネスト リスト1_1_2
    • ネスト リスト1_2
  • リスト2
  • リスト3

番号付きリスト

記述例

1. 番号付きリスト1
    1. 番号付きリスト1_1
    1. 番号付きリスト1_2
1. 番号付きリスト2
1. 番号付きリスト3

表示例

  1. 番号付きリスト1
    1. 番号付きリスト1_1
    2. 番号付きリスト1_2
  2. 番号付きリスト2
  3. 番号付きリスト3

引用

> お世話になります。xxxです。
> 
> ご連絡いただいた、バグの件ですが、仕様です。

表示例

お世話になります。xxxです。

ご連絡いただいた、バグの件ですが、仕様です。

二重引用

記述例

> お世話になります。xxxです。
> 
> ご連絡いただいた、バグの件ですが、仕様です。
>> お世話になります。 yyyです。
>> 
>> あの新機能バグってるっすね

表示例

お世話になります。xxxです。

ご連絡いただいた、バグの件ですが、仕様です。

お世話になります。 yyyです。

あの新機能バグってるっすね

pre記法(スペース4 or タブ)

半角スペース4個もしくはタブで、コードブロックをpre表示できます

記述例

    # Tab
    class Hoge
        def hoge
            print 'hoge'
        end
    end

---

    # Space
    class Hoge
      def hoge
        print 'hoge'
      end
    end

表示例

class Hoge
    def hoge
        print 'hoge'
    end
end

class Hoge
  def hoge
    print 'hoge'
  end
end

code記法

バッククォートで文字列を囲むことでコードの一部を表示可能です。

記述例

インストールコマンドは `gem install hoge` です

表示例

インストールコマンドは gem install hoge です

強調:<em>

アスタリスクもしくはアンダースコア1個で文字列を囲むことで強調します。
見た目は斜体になります。

記述例

normal *italic* normal
normal _italic_ normal

表示例

normal italic normal
normal italic normal

強調:<strong>

アスタリスクもしくはアンダースコア2個で文字列を囲むことで強調にします。
見た目は太字になります。

記述例

normal **bold** normal
normal __bold__ normal

表示例

normal bold normal
normal bold normal

強調:<em> + <strong>

アスタリスクもしくはアンダースコア3個で文字列を囲むことで <em> と <strong> による強調を両方適用します。
見た目は斜体かつ太字になります。

記述例

normal ***bold*** normal
normal ___bold___ normal

表示例

normal bold normal
normal bold normal

水平線

アンダースコア、アスタリスク、ハイフンなどを3つ以上連続して記述することで水平線を表示します。
※連続するハイフンなどの間にはスペースがあっても良い

記述例


***

___

---

*    *    *

表示例





リンク

[表示文字](リンクURL)形式でリンクを記述できます

[Google先生](https://www.google.co.jp/)

Google先生

定義参照リンク

Markdownの文書の途中に長いリンクを記述したくない場合は、
同じリンクの参照を何度も利用する場合は、リンク先への参照を定義することができます。

[こっちからgoogle][google]
その他の文章
[こっちからもgoogle][google]


こっちからgoogle
その他の文章
こっちからもgoogle

GitHub Flavored Markdown(GFM)

GitHub Flavored Markdown(GFM)はGitHubの独自仕様を加えたMarkdown記法。
以降、GFMと記載します。

GFM:リンクテキスト簡易記法

URLは記述するだけで自動的にリンクになります。

記述例

https://www.google.co.jp/

表示例

https://www.google.co.jp/

GFM:取り消し線

チルダ2個で文字列を囲むことで取り消し線を利用できます。

記述例

~~取り消し線~~

表示例

取り消し線

GFM:pre記法(チルダ×3)

記述例

 ~~~
 class Hoge
   def hoge
     print 'hoge'
   end
 end
 ~~~

表示例

class Hoge
  def hoge
    print 'hoge'
  end
end

GFM:pre記法(バッククォート×3)

記述例

 ```
 class Hoge
   def hoge
     print 'hoge'
   end
 end
 ```

表示例

class Hoge
  def hoge
    print 'hoge'
  end
end

GFM:pre記法(シンタックスハイライト)

チルダ、もしくはバッククォート3つの後ろに対象シンタックスの言語名を記述します。

記述例

 ~~~ruby
 class Hoge
   def hoge
     print 'hoge'
   end
 end
 ~~~

表示例

class Hoge
  def hoge
    print 'hoge'
  end
end

GFM:表組み

記述例

|header1|header2|header3|
|:--|--:|:--:|
|align left|align right|align center|
|a|b|c|

表示例

header1 header2 header3
align left align right align center
a b c

GFM:ページ内リンク

GitHubのMarkdownを利用すると、見出し記法を利用した際に
アンカーが自動的に作成されます。
そのアンカーを利用したページ内リンクを簡単に作成できます。

## <i class="fa fa-cube" style="font-size:1em;"></i> menu
* [to header1](#header1)
* [to header2](#header2)

<!-- some long code -->

[return to menu](#menu)
### header1
### header2

少し省略してますが、こんなかんじのHTMLになります。

<h2><a name="user-content-menu" href="#menu">menu</a></h2>
<a href="#header1">to header1</a>
<a href="#header2">to header2</a>

<!-- some long code -->

<a href="#menu">to menu</a>
<h3><a name="user-content-header1" href="#header1">header1</a></h3>
<h3><a name="user-content-header2" href="#header2">header2</a></h3>

参照

QiitaでのMarkdownの使用について
Qiitaの目次生成機能について