Library/metadataの細々したファイルがウザい

  • 19
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

「バージョン管理するのはAssetsProjectSettingsだけでOK」という話をよく聞くものの、実際やってみてうまくいかなかったので仕方なくLibraryPackagesもバージョン管理していました。

最近、Libraryを捨てるためには設定が必要というのを知りました。

inspector.png

  1. メニューで [Edit(Macの場合はUnity)] → [Project Settings][Editor] を選択
  2. インスペクタが開くので、設定パネルで Version Control ModeVisible Meta Files に設定
  3. Asset Serialization ModeForce Text に設定
  4. プロジェクトを保存

これでLibrary以下のファイルをバージョン管理する必要がなくなり、AssetsProjectSettingsだけで大丈夫になりました。

4.5.2f1で確認しましたが、5.0.0f4でも同様の手順でいいようです。

これでmedadataはこれでちまちまコミットせずにすむようになりましたが、*.metaファイルは残ります。*.metaには設定の一部が保存されているようなので、これらはバージョン管理しておいたほうがいいようです。

Unityのバージョンによる細かい違い

バージョン管理するためのコツはUnityの更新のたびに細かく変わってきたようです。上の手順は4.5.2f1で確認したものです。

4.3.4以前は、Version Control ModeHidden Meta Files に設定したままで大丈夫だったそうです。

4.3以前は、Version Control Mode の選択項目は DisabledMeta Files といった名前だったそうです。

4.5以前は、 Unity or EditPreferencesPackagesRepositoryExternalに設定する必要があったそうです。

参考記事