Swift・iOSアプリ開発情報の集め方

  • 750
    いいね
  • 3
    コメント

たまに、どこから情報収集しているんですか?と聞かれるのでまとめてみました( ´・‿・`)
今はPlayer!を開発中ですが、日頃のこういう蓄積が役立つことがちょくちょくあるので、情報収集大事だと思っています( ´・‿・`)

メルマガ

以下などチェックしていますが、最近自身でも始めました:
Swiftメルマガを始めました – Swift・iOSコラム – Medium

Qiita

iOS開発周りでは、これらのタグをフォローして、流れてきたフィードは少なくともタイトルは全部目を通しています。
僕のフォローしているタグ一覧はこちら: Tags mono0926 is following - Qiita

iOS周り

デザイン周り

Apple Watch

その他

Analytics系

CI系

ブログ

以下などをFeedlyに登録して、Reederで読んでます。
(これも実際は数倍購読してますが、そのうちiOSアプリ開発に関係しそうで気に入っているものを抜粋)

iOS系

デザイン

総合

Appleのリファレンス

正確で早い情報が欲しい時はこちらですね。

WWDC資料

さらにWWDC発表直後の情報が欲しいときはこちらですね。

Appleのフォーラム

ぐぐってもヒットしない場所として、Apple Developer Forumsがあります。

普段はあまり見ないですが、β版についての情報は直接こちらなど覗いてます。
Space: Pre-Release | Apple Developer Forums

Slack

以下に参加してますが、情報量が多すぎて、正直ほとんど使ってないです(´・ω・`)
ただ、質問とかしたい時は良いかもです( ´・‿・`)

GitHubのトレンド

Trending Swift repositories on GitHub this weekを毎週チェックしてます。

Stackoverflow

  • Stack Overflow
    • ぐぐった時にけっこうたどり着きますが、眺めるのにはあまり向いてないですね。その用途だとQiitaの方がずっと良いです( ´・‿・`)
    • Reputation貯まるとけっこう嬉しいです( ´・‿・`)
  • スタック・オーバーフロー
    • 昨年出来ましたが、あまり流行らないですね(´-ω-`)

Twitter

情報追う用のListを作ってそれは毎日見てます。

Facebookグループ

Facebookグループにもちょくちょく良い情報が流れるのでウォッチしてます( ´・‿・`)

勉強会情報

メールは、不要なのは自動アーカイブにして、以下などから届くメールはわりと早く目を通しているので、参加したい先着の勉強会は大体間に合う感じです( ´・‿・`)
FacebookやTwitter経由でも流れてきますが。
といっても勉強会参加はごくたまにです(´・ω・`)

ちなみに最近、MailboxからGoogle Inboxに乗り換えてメール管理がより捗るようになりました。
詳しくは、こちらに記事書きました!:
メール - Inbox by Googleを、GitHub・Slackと肩を並べるくらい使うようになったので使いこなし術を紹介 - Qiita

Swift に関しては、The Swift Programming Language Swift by Apple Inc. on iBooks は一回は目を通しておいた方が良いです。

他の通常の紙の書籍は情報が遅く、本が発売する頃には他の手段で大体間に合っているので、iOSアプリ開発に関するものは最近はほとんど読みません。
iOSアプリ開発初歩の時期は、数冊読みましたが。
フットワーク軽く公開される電子書籍は、たまにポチって読んでいます。( Server-Side Swift など)

また、iOSアプリ開発といっても範囲は広く、疎い分野のキャッチアップには良いと思うので、偏った分野の知識が必要になったら本探して読んだりもします。

例えば、このあたりは疎いので、必要になったタイミングなり暇なときなりに読んでおきたいなと思っています。

あと最近読んだのはこのあたりですかね。
これ系はちょくちょくありがたく読んでいます( ´・‿・`)


大体こんな感じで日々情報が入ってくるようにしてます。
メイン技術乗り換えとかしたら、同様にその分野の情報が入ってくるように整えるとキャッチアップ速くなると感じています( ´・‿・`)