BluemixでIoT 温湿度、気圧を収集・蓄積・可視化+LED制御 その2

  • 4
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

0.はじめに

 前回の続きです。今回はRaspberry PiにOSをインストールします。続けてiPhoneとWiFi接続し、
インターネットへ接続できるまでを範囲とします。

1.必要なもの(今回準備したもの)

項目 数量 メモ
インターネット接続環境 1つ 今回はiPhoneでテザリングを使用 ※今回はOSをダウンロードするので、これとは別に専用のインターネット回線があったほうが速いです。
パソコン 1台 作業用のPC 今回はWindows7 ※マイクロSDカードが使える環境をご準備ください。
Raspberry Pi 1台 Raspberry Pi 2 Model B
HDMIケーブル 1本
モニタ 1台 HDMI対応モニタ
WiFiドングル 1個 無線LAN子機(WLI-UC-GNM)
電源アダプタ 1個 5V2A電源
USBケーブル 1本 USBケーブル(タイプAオス- マイクロタイプBオス)
マイクロSDカード 1枚 MicroSDHC Class4 16GB(RMSD-BS16GB)
専用ケース 1個 Raspberry Pi用のケース
USBキーボード 1個 ワイヤレスキーボード(SKB-WL13W)
USBマウス 1個 無線マウス(BSMBW29SBL)

2.OS(Raspbian) NOOBSのインストールファイル入りマイクロSDカードを作成

(作業用PCでの作業)
今回使用したBUFFALO製のRMSD-BS16GBにて、最新版のNOOBS Ver1.9.0を導入しようとしたところ、
次のエラーが出たため、古いバージョン1.4.1を使用しています。

image

http://ftp.jaist.ac.jp/pub/raspberrypi/NOOBS/images/NOOBS-2015-05-12/ にアクセスする。
②NOOBS_v1_4_1.zipをクリックし、作業用PC内にダウンロードする。

③ダウンロードしたZIPファイルを解凍する。
image

④空のマイクロSDカードを作業用PCにセットする。
image

⑤マイクロSDカードをフォーマットする。
ココを参考にマイクロSDカードをフォーマットする。

⑥マイクロSDカードに③で解凍したフォルダをすべてコピーする。
image

3.Raspberry Piのセットアップ

①本体を箱から取り出し、ケースを装着する。
②マイクロSDカードを挿入する。
③USBキーボードとUSBマウスをセットする。
④HDMIケーブルをモニタと接続する。
⑤USBケーブルと電源アダプタを接続する。
①~⑤を実施後の接続図です。
image

背面図 
image

4.Raspberry Pi へOSをインストール

①電源アダプタをコンセントに接続すると、そのまま電源ONになる。
②しばらくすると、次の画面が表示されるので、「Raspbian [RECOMMENDED]」のチェックを入れる。また、画面に下にある言語部分を日本語に設定する。
image
③Install(i)をクリックする、次の確認メッセージが出力されるので、はいをクリックする。
image

④そして、インストールが始まり、完了までに20分ほどかかる。
image

⑤インストールが完了すると、OS(es) installed メッセージが出力されるので、OKをクリックする。
image

⑥再起動し、しばらくすると次のメッセージが出力されるので、そのままFinishを選択する。
image

5.タイムゾーンの変更

① raspi-configを起動する。

コマンド
pi@raspberrypi ~ $ sudo raspi-config

② 「4 Internationalisation Options」を選択する。
image

③ 「I2 Change Timezone」を選択する。
image

④ 「アジア」を選択する。
image

⑤ 「Tokyo」を選択する。
image

6.iPhoneでテザリングを設定

①インターネット共有を有効にし、WiFiで接続できる状態にする。
②SSIDとWiFiのパスワードを確認する。

7.Raspberry PiでWiFiを設定

①WiFiのUSBドングルを接続する。
②lsusbコマンドにて、認識していることを確認する。

コマンド
pi@raspberrypi ~ $ lsusb
Bus 001 Device 002: ID 0424:9514 Standard Microsystems Corp.
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 001 Device 003: ID 0424:ec00 Standard Microsystems Corp.
Bus 001 Device 004: ID 0411:01a2 BUFFALO INC. (formerly MelCo., Inc.) WLI-UC-GNM Wireless LAN Adapter [Ralink RT8070]

③SSIDとWiFiパスワードからPSKを生成する。

コマンド
pi@raspberrypi ~ $ wpa_passphrase [iPhoneのSSID] [iPhoneのWiFiパスワード]
network={
        ssid="iPhoneのSSID"
        #psk="ssssssssssss"
        psk=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
} 

④WiFi設定ファイルを編集する。

コマンド
pi@raspberrypi ~ $ sudo vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

修正イメージ

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
        ssid=iPhoneのSSID     #ここは各自の設定に書き直してください
        scan_ssid=0
        proto=RSN
        key_mgmt=WPA-PSK
        pairwise=CCMP
        group=CCMP
        psk=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx   #ここは各自の設定に書き直してください
}

⑤無線用Wlan0をDHCPでIPアドレスを取得するように変更する。

コマンド
pi@raspberrypi ~ $ sudo vi /etc/network/interfaces

auto wlan0の設定で、iface~manualになっている個所を、manual から dhcp に記述を変更する。

/etc/network/interfaces
auto wlan0
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet dhcp

⑥OSを再起動する。

⑦再起動後、設定が有効(wlan0にIPアドレスが付与されている)になっていることを確認する。

コマンド
pi@raspberrypi ~ $ ifconfig wlan0
表示例
wlan0     Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス cc:e1:d5:40:bc:3f
          inetアドレス:172.20.10.4 ブロードキャスト:172.20.10.15  マスク:255.255.255.240

以上で、WiFiの設定までが完了となります。

次回(その3)に続く。