Check! Azure Web Apps + MySQL In App で WordPress を構築する

  • 3
    いいね
  • 0
    コメント

こんにちは、 @dz_ こと大平かづみです。

Prologue - はじめに

この記事は、「[お試し] もくもく + PaaSハンズオン(Azure + Bluemix) #0」の、複数クラウドの PaaS を触ろう!ハンズオンの資料を兼ねています。

さて、試用版 Azure Web Apps には、WordPress が組み込まれたテンプレートがすでにあるのですが、今回は勉強を兼ねて、手動で WordPress を構築してみます。

Azure Web Apps で、テンプレートを使わずに WordPress を構築する

Overview - 概要

以下の構成で、Azure の PaaS に WordPress を構築してみましょう。

項目 構成
PaaS Azure Web Apps(試用版の PHP 空のサイトのテンプレート)
MySQL Azure Web Apps 内蔵の MySQL In App

なお、今回は試用版 Azure We Apps を利用しますが、おそらく通常の Web Apps でも同等の手順で対応可能と思います。

MySQL In App を利用する際の注意

MySQL In App は PaaS のインスタンスに内蔵されていて、試す場合にはお手軽で適しています。

ただし、PaaS のインスタンスを削除すると消えてしまいます。

実際に運用する際は、別途永続的な MySQL を選択するか、バックアップを設定して万一に備えるようにご注意くださいませ。

永続的な MySQL としては、Azure から Azure Database for MySQL(現在はプレビュー)などが提供されていますので、ご検討くださいませ~!

Preparing - 事前準備

  1. WordPress のダウンロードページ から、ソースコード一式の zip をダウンロードしておきます。(例: wordpress-4.8.1.zip
  2. Check! 試用版 Azure Web Apps で PHP環境を試す」を参考に、PHP環境を作ります。
    • ウェブサイトを開いておく。
    • 「ポータル内での管理」をクリックし、Azure ポータルを開いておく。
    • 「コードをオンラインで編集」をクリックし、「App Service Editor」を開いておく。

Step by step - 手順

MySQL In App を有効化する

作成した Web Apps のポータルで、メニューから「MySQL In App」を開き、「MySQL In App」の選択を「オン」に変更し、「保存」します。

image.png

MySQL In App の接続情報を取得する

MySQL In App のブレードで、以下の値を確認しておきます。

項目
接続文字列の環境変数 MYSQLCONNSTR_localdb
MySQL ストレージ d:\home\data\mysql

image.png

メニューの下の方の「コンソール」を開き、下記のように MySQL ストレージのディレクトリに移動し、MYSQLCONNSTR_localdb.txt の内容を確認します。

※ 同じディレクトリに、似た名前の .ini ファイルがありますので、ご注意ください。.txt の方が作られるまでに少し時間がかかります。また、mysql が立ち上がるまでも少し時間がかかり、立ち上がった後に、 .txt にポート番号が記述されるまでは待ってるとよいみたいです。

> cd d:\home\data\mysql
d:\home\data\mysql

> cat MYSQLCONNSTR_localdb.txt
Database=localdb;Data Source=127.0.0.1:<ポート>;User Id=azure;Password=<パスワード>

image.png

ここに書かれている文字列が、それぞれデータベースの設定値になっています。インスタンスが変わっても同一の値もありますが、変わらないとも限りませんので、実際には MYSQLCONNSTR_localdb.txt の値を参考にしてください。

項目 設定値 MYSQLCONNSTR_localdb.txt での表記
データベース名 localdb Database=localdb;
ユーザー名 azure User Id=azure;
パスワード 右記 <パスワード> の部分 Password=<パスワード>
データベースのホスト名 127.0.0.1:<ポート> (※1) Data Source=127.0.0.1:<ポート>;

※1 MySQL In App のポートはインスタンスごとに異なります。

※2 試行錯誤の末、 @garicchi さんの「Azure Web AppsでMySQL In AppにWordPressから接続する方法と接続情報」を参考にしました、ありがとうございます!

WordPress のソースコードを配置する

次に、「App Service Editor」で、「EXPLORE」の WWWROOT にカーソルをあて、「…」をクリックして、「Upload Files」をクリックします。

image.png

ダウンロードしておいた wordpress-4.8.1.zip をアップロードします。

zip ファイルがアップロードされたら、zip ファイルを右クリックして、「Extract All」をクリックし、解凍します。

image.png

wordpress ディレクトリが解凍できました。

image.png

WordPress のセットアップを行う

それでは!

ウェブサイトのURLの末尾に wordpress を付加して、開いてみましょう。(例: https://xxxxxxxx-xxxx-x-xxx-xxxx.azurewebsites.net/wordpress

WorPress の初期セットアップの画面が表示されましたか?お使いの言語を選択し、セットアップを進めましょう~。以下、画面の抜粋です。

image.png

途中、データベースの情報を入れる手順では、上記で確認した値を入力してください。

image.png

image.png

無事インストールが完了しましたでしょうか?

image.png

ログインしてみましょう。

ログインできましたね!

image.png

ちゃんとブログも表示されてるかな?されてますね!

image.png

やったー!(o・ω・o)ノ゙

Epilogue - おわりに

試用版をお使いの方は、1時間たつと消えてしまいますので、もっと続けて利用したい場合は、ぜひ無料試用版でアカウントを作成してみてください!

Azure Web Apps は、10サイトまで無料で利用できるプランがあります。また、 \20,500 円分の無料クレジットも付与されますので他の Azure のサービスもお試しいただけます。

この機会にぜひ♪