Macにnode.jsをインストールする手順。

  • 84
    いいね
  • 2
    コメント

はじめに。

Macにおける開発環境構築のメモです。
フロントエンドに必須となってきているnode.jsのインストール手順を残しておきます。

今回、node.jsのインストールにあたり、使用するnode.jsのバージョンを切替えられるよう「nodebrew」を用いてインストールしていきます。

1. nodebrewのインストール

nodebrewとは、nodeのバージョンを管理・切替するツールのことです。

1.1. node.jsがインストールされているか確認

まずnode.jsがインストールされているか確認します。
ターミナルより以下のコマンドを実行。

ターミナル
$ node -v 

バージョン情報が表示される場合は、node.jsがすでにインストールされているためnode.jsのアンイストールとnpmの削除が必要となります。

アンインストールについては割愛しますので、以下のサイトなどを参考に行ってください。
MacにpkgでインストールしたNode.jsをアンインストールする手順

1.2.homebrowのインストール

homebrowとは、macOS用のパッケージマネージャーです。
Homebrew公式サイトにコマンドが載っていますが、以下にコマンドを載せておきます。コピペしてインストールしてください。

ターミナル
$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

1.3.nodebrewのインストール

homebrewがインストールできたら、やっとnodebrewのインストールです。
以下のコマンドを実行してください。

ターミナル
$ brew install nodebrew

インストールできたかを確認するために、バージョン確認を行います。

ターミナル
$ nodebrew -v

nodebrewのバージョン情報が表示されればOK。
こんな感じになるはずです。

ターミナル
nodebrew 0.9.6

Usage:
    nodebrew help                         Show this message
    nodebrew install <version>            Download and install <version> (compile from source)
    nodebrew install-binary <version>     Download and install <version> (binary file)
    nodebrew uninstall <version>          Uninstall <version>
    nodebrew use <version>                Use <version>
    nodebrew list                         List installed versions
    nodebrew ls                           Alias for `list`
    nodebrew ls-remote                    List remote versions
    nodebrew ls-all                       List remote and installed versions
    nodebrew alias <key> <value>          Set alias
    nodebrew unalias <key>                Remove alias
    nodebrew clean <version> | all        Remove source file
    nodebrew selfupdate                   Update nodebrew
    nodebrew migrate-package <version>    Install global NPM packages contained in <version> to current version
    nodebrew exec <version> -- <command>  Execute <command> using specified <version>

Example:
    # install from binary
    nodebrew install-binary v0.10.22

    # use a specific version number
    nodebrew use v0.10.22

2.node.jsのインストール

やっと本題、node.jsの最新版をインストールしていきます。

2.1.node.jsのインストール

以下のコマンドを、ターミナルから実行してください。最新版のnode.jsがインストールされます。

ターミナル
$ nodebrew install-binary latest

2.2.インストールされたnode.jsのバージョン確認

ターミナル
$ nodebrew list

すると、以下のようにインストール済みのnode.jsのバージョンの一覧が表示されます。
また、currentのところに使用中のバージョンが表示されます。

ターミナル
v4.0.0
v5.0.0
v6.0.0
v7.0.0

current: v6.0.0

2.3.バージョンを指定してインストールする

最新のみで良い方は、先に進んでください。

インストールできるnode.jsのバージョンを確認

以下のコマンドで、インストール可能なバージョン情報が表示されます。

ターミナル
$ nodebrew ls-remote

こんな感じ。

ターミナル
v4.0.0    v4.1.0    v4.1.1    v4.1.2    v4.2.0    v4.2.1    v4.2.2    v4.2.3
v4.2.4    v4.2.5    v4.2.6    v4.3.0    v4.3.1    v4.3.2    v4.4.0    v4.4.1
v4.4.2    v4.4.3    v4.4.4    v4.4.5    v4.4.6    v4.4.7    v4.5.0    v4.6.0
v4.6.1    

v5.0.0    v5.1.0    v5.1.1    v5.2.0    v5.3.0    v5.4.0    v5.4.1    v5.5.0
v5.6.0    v5.7.0    v5.7.1    v5.8.0    v5.9.0    v5.9.1    v5.10.0   v5.10.1
v5.11.0   v5.11.1   v5.12.0   

v6.0.0    v6.1.0    v6.2.0    v6.2.1    v6.2.2    v6.3.0    v6.3.1    v6.4.0
v6.5.0    v6.6.0    v6.7.0    v6.8.0    v6.8.1    v6.9.0    v6.9.1    

v7.0.0    

バージョンを指定してインスール

以下のように、「6.9.1」など任意のバージョンを指定しインストールすることが可能です。

ターミナル
$ nodebrew install-binary 6.9.1

3.インストールしたnode.jsを使えるようにする

3.1.インストールしたnode.jsのバージョンを有効にする

使用するバージョンをuseコマンドで有効化します。

ターミナル
$ nodebrew use  v7.0.0

確認のために、listを実行。
指定したバージョンに変わっていればOK。

ターミナル
$ nodebrew list
v4.0.0
v5.0.0
v6.0.0
v7.0.0

current: v7.0.0

3.2.実行パスを通す

以下のコマンドでnodeコマンドへパスをbashrcへ保存します。

ターミナル
$ echo 'export PATH=$PATH:/Users/xxxxx/.nodebrew/current/bin' >> ~/.bashrc

注:xxxxxはUserのHomeDir名

3.3.node.jsのバージョン確認

ターミナルを再起動してから、node.jsのバージョンを以下のコマンドで確認する。

ターミナル
$ node -v

正常にいっている場合は、以下のようにバージョン情報が表示されます。

ターミナル
$ node -v
v7.0.0

 
しかし、以下のようなメッセージが出た場合は、うまくいってません。

ターミナル
$ node -v
-bash: node: command not found

先程「.bashrc」に書き込んだパスが読み込まれていないようです。
「.bash_profile」に下記を記述します。

.bash_profile
if [ -f ~/.bashrc ] ; then
. ~/.bashrc
fi

注:詳しくはこちらのサイトの中盤あたりを参考にしてください。

3.4.npmも使えることを確認する

npmも使う機会が多いと思うので、npmコマンドも使えることを確認する。

ターミナル
$ npm -v 

こちらも先ほどと同様、以下のようにバージョン情報が表示されればOKです。

ターミナル
$ npm -v 
3.10.8

以上で、node.jsのインストールは完了です。
自分が躓いたところはリンクなどを入れながら書きましたが、分からなければコメントをください。

catch you later.