MacにpkgでインストールしたNode.jsをアンインストールする手順

  • 11
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

はじめに

nodebrewで管理しようと思い、パッケージでインストールしたNode.jsをアンインストールする必要が出てきたので、一瞬うまくいかなかったので備忘録。

コマンドでアンインストール

いろんなサイトで書かれている以下のコマンドを実行してみると、/var/db/receipts/にorg.nodejs.pkg.bomなんかないぞっ!!って怒られた。

lsbom -f -l -s -pf /var/db/receipts/org.nodejs.pkg.bom \
| while read i; do
  sudo rm /usr/local/${i}
done
sudo rm -rf /usr/local/lib/node \
     /usr/local/lib/node_modules \
     /var/db/receipts/org.nodejs.*

で、実際/var/db/receipts/を覗いてみると、org.nodejs.node.pkg.bomっつーのがあったので、以下に変更してみたところうまくアンインストールできた。

lsbom -f -l -s -pf /var/db/receipts/org.nodejs.node.pkg.bom \
| while read i; do
  sudo rm /usr/local/${i}
done
sudo rm -rf /usr/local/lib/node \
     /usr/local/lib/node_modules \
     /var/db/receipts/org.nodejs.*

ちなみに、上記コマンドは1行づつコピーしてenterしてください。
 ↑コマンドよくわかってない方向け
 ↑行末に\が書かれている行を実行すると>がでますが、焦らないで、次の行を>につづけてペーストしてenterを押してください。(←聞かれたので、これも分からない人向け)

これで、インストーラーでインストールしたNode.jsがアンイストールできます。

NPMの削除

sudo rm -rf ~/.npm

これでnpmも削除され、Node.js関連ファイルが全て削除されました。

あとは、nodebrewやHomebrewでインストールしましょう。