AtomでTexする(Mac)

  • 14
    いいね
  • 3
    コメント

はじめに

MacTexだけでTexShopを使えばTexの環境としては十分な機能が提供されるが、
なんかTexShop自体が、UTF-8で保存したら次開いた時文字化けするとかあるので、別のエディタで編集したいと思った

模索しながらだったので、あまり詳細にかけないことをお許し下さい

目標は、Atomでハイライトされて、Command + iしたらtexがコンパイルされて、pdfまで反映される環境。

MacTex

ここに書いたので、参考にしつつセットアップ
(homebrew, homebrew-caskは先にインストールする必要有)

かなり時間はかかる

brew cask install mactex実行時に接続されるサーバーが弱くて、何度もトライしないとつながらないかもしれない。
根気よくトライ。

これでTexShopでTexTexできる

サンプル↓

sample.tex
\documentclass[a4j,12pt]{jreport}
\title{ {\LaTeX} Texの動作確認}
\author{はるふ}
\date{\today}
\begin{document}
\maketitle

\chapter{おら}

\section{Tex}
うごいてるか?

\end{document}

タイプセット!すればpdfができる。

が、一度UTF-8で保存して、再度開くと、文字化けする。。。(僕の環境だけかもしれないが)

ので、他のエディタを使いたくなった。

コマンドからでも

ptex2pdf -l -ot "-synctex=1 -file-line-error" "ファイル名.tex"

を実行すると、pdfが作成できる

もしできなければ、
export PATH="/Library/TeX/texbin:$PATH"
を.zshrcに記述する必要があるかもしれない

Atom

homebrew-caskでもインストールできるが、バージョンが古いとか、アップデートをAtomからできないとかあるので、直接インストールしたほうが良い(と最近思うようになった)

scriptというパッケージがとても便利なので入れておく(あとで使う)

AtomでTex(標準)

Qiita: Mac の Atom で Latex
とかを見つつ、やってみた。

apm install latex
apm install language-latex
apm install pdf-view

ただ、標準の方法では、英語しかできない

のと、普段pythonとかはCommand+iで実行しているので、同じ感じでタイプセットしたくなった

scriptを書き換え

Atom -> Preferences
から
Packagesを開いて、settingsのViewCodeを押す

script/lib/grammers.coffeeというファイルを以下のように書き換え

grammers.coffee
・・・・・・
  LaTeX:
    "File Based":
      command: "ptex2pdf"
      args: (context) -> ['-l', '-ot', '"-synctex=1 -file-line-error"', context.filepath]

  'LaTeX Beamer':
    "File Based":
      command: "ptex2pdf"
      args: (context) -> ['-l', '-ot', '"-synctex=1 -file-line-error"', context.filepath]
・・・・・・

さっきコマンドで実行してた命令をそのままscriptに入れただけですね!

※パッケージをupdateすると、もとに戻るので、再設定が必要です

再起動すれば

名称未設定-1_tex_—__Users_admin_Desktop.png
名称未設定-1_pdf_—__Users_admin_Desktop.png

できた!

Command + i
で何度でも!

pbibtex

bibtex使う場合は、以下のようにすると良いかも(自分の環境ではこちら)

grammers.coffee
  LaTeX:
    "File Based":
      command: "bash"
      args: (context) ->
        bibName = context.filename.replace /\.tex$/, ""
        ['-c', "ptex2pdf -l -ot \"-synctex=1 -file-line-error\" #{context.filename} && pbibtex #{bibName} -kanji=utf8"]

もう一回latex走らせても良いけど、二回やるってことで良いかな

latexer

autocomplete-plusというパッケージを入れている場合、texに対して補完をきかせるパッケージがあります

\cite{ とか打つと、bibtexで入れてる論文一覧でてきて選べたり、めっちゃ便利です

apm install latexer