Slack | APIに使う「チャンネルID」を取得する方法

  • 36
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

チャンネルIDとは

API には、チャンネル名をそのまま渡せない。
チャンネルごとに割り当てられた「ID」を渡す必要がある。

そのまま書いても動かない

たとえば #example チャンネルの情報を得たい時。
URLの中で channel=example を指定しても動かない。

https://slack.com/api/channels.history?token=yyyyyy&channel=example

次のように「チャンネルID」を指定する必要がある動く。 ( channel=C065DFECX の部分 )

https://slack.com/api/channels.history?token=yyyyyy&channel=C065DFECX

チャンネルIDを得る

チャンネルIDはここで取得できる。( 送信ボタンを押すこと )
https://api.slack.com/methods/channels.list/test

この中の "name": "example" の部分がチャンネル名。
対応した "id": "xxxxxxxxx" の部分を使えば良い。

        {
            "id": "xxxxxxxxx",
            "name": "example",
            "is_channel": true,
            "created": 1448847829,
            "creator": "yyyyyyyyy",
            "is_archived": false,
            "is_general": false,
            "is_member": true,
            "members": [
                "zzzzzzzzz"
            ],

https://slack.com/api/channels.history?token=yyyyyy&channel=xxxxxxxxx