Edited at

数クリックで環境構築!デスクトップアプリ版Node-REDを利用する

 今回は、デスクトップアプリとして利用できるNode-REDをインストールする手順を紹介します。デスクトップアプリ版のNode-REDは、下記URLにてインストーラ形式で公開されています。このインストーラを用い、数クリックで環境構築できるため、気軽にNode-REDを試すことができます。


通常のNode-RED

 Node-REDはウェブアプリケーションであるため、通常Node-REDを使う際はHTTPサーバを立ち上げてブラウザからアクセスします。この仕組みはクラウド上でNode-REDを動かす場合は自然ですが、クライアントPC上で動かす場合は環境構築や起動作業が必要となり、少し面倒です。まず以下で従来のNode-REDで生じる問題点を整理してみます。


従来の問題点1: 環境構築やバージョンアップで挫折

 Node-REDを使おうとするユーザが最初に躓くのは、Node-RED環境の構築作業です。Node.jsをインストールし、コマンドプロンプトやターミナルの黒い画面上でNode-REDやインストールや起動をするコマンドを叩く必要があります。Node.jsのバージョン指定やプロキシ設定など躓く点が沢山あるため、慣れていないユーザが挫折することがよくあります。コマンドに慣れているエンジニアでもNode-REDやNode.jsのバージョンアップを行う際は、上手く動いている環境を壊さないか心配になり、古いバージョンのNode-REDをそのまま使っているエンジニアも多いと思います。


従来の問題点2: コストとリソースの制約

 ラズパイ版Node-RED、クラウド上のBluemix版Node-REDを用いると、環境構築の手間がなくなる利点があります。一方で、「少なからず料金がかかることがあること」、「安い料金で済ませるとコンピュータリソースを十分に割り当てることができず、Node-REDランタイムの性能が出ないこと」もあります。


解決策: デスクトップアプリ版のNode-RED

 デスクトップアプリ版Node-REDを用いるとこれらの問題を解決し、簡単な環境構築や、手元のPCのコンピュータリソースの活用ができます。また、バージョンアップや環境の再構築も、インストーラを用いてインストール/アンインストールができるため安心です。


インストール方法

 それでは、さっそくデスクトップアプリ版Node-REDのインストールを行います。WindowsとMacのケースを順に説明します。


Windows 10の場合

 デスクトップアプリ版Node-REDの配布サイト( https://github.com/zuhito/electron-node-red/releases )にアクセスし、「For Windows: electron-node-red.Setup.0.17.5.exe」をダウンロードします。次に、ダウンロードしたインストーラを実行します。ここで、「WindowsによってPCが保護されました」という画面が表示された場合は、「詳細情報」を参照し、「実行」をクリックしてください。

image.png

 正しく実行できると、進捗ウィンドウが表示され、Node-REDがローカルPCへインストールされます。

image.png

 インストールが完了すると、デスクトップアプリ版Node-REDが起動し、Node-REDのフローエディタが利用できます。従来の環境構築作業と比較すると遥かに簡単ですね。

image.png

 デスクトップアプリ版のNode-REDであるため、Node-RED専用のウィンドウが立ち上がり、タスクバーのアイコンもNode-REDのアイコンになっています。

 2回目以降の起動を行う際は、Windowsのメニューからelectron-node-redを選択します。こちらも毎回コマンドプロンプトを開き、起動コマンドを入力する従来の起動手順と比較すると、お手軽ですね。

image.png

 もしアンインストールを行いたい場合は、通常のアプリケーションと同様に「設定」の「アプリと機能」から削除してください。


Mac OSの場合

 デスクトップアプリ版Node-REDの配布サイト( https://github.com/zuhito/electron-node-red/releases )にアクセスし、「For Mac: electron-node-red-0.17.5.dmg」をダウンロードします。

 ダウンロードした後、dmgファイルを開き、Node-REDのアイコンをデスクトップへドラッグアンドドロップするか、Applicationsディレクトリにへドラッグしてください。

image.png

 初回はセキュリティの確認画面を出すため、Finder上でコピー先のNode-REDのアイコンを右クリックすると現れるメニューの「開く」から起動します。2回目以降はアイコンをダブルクリックすると、デスクトップアプリ版Node-REDが起動します。

image.png

 Macのケースも、Node-RED専用のウィンドウが立ち上がり、画面下のドックにNode-REDのアイコンが表示されていますね。


最後に

 デスクトップアプリ版Node-REDを用いると、環境構築のトラブルなく気軽にNode-REDを利用できるため、初心者の方がお試しする際や、ハンズオンの際に便利です。その他、ダウンロードサイトには様々な便利ノードがプレインストール済みのインストーラも用意されているため、こちらもぜひ活用してみてください。

※ 最近、ウフルさんからデスクトップアプリ版Node-REDがリリースされました。こちらの進化も楽しみです!

https://docs.enebular.com/ja/releases/#enebular-editor