Help us understand the problem. What is going on with this article?

ESP32を使用してAzure IoT Hub と接続?

More than 1 year has passed since last update.

目的

アナログ信号を測定できる様になったので、クラウドで管理したいと思い、
サンプルプログラムがデフォルトで入っていた、Azure IoT Hub を使用することにする

wifi 接続

とりあえずサンプルプログラムの SimpleMQTT を選択し、
使用している wifi の SSID と パスワード を入力し、ESP32に書き込んでシリアルモニタしてみる


image.png

Wifiにはつながっているもの(簡単すぎて驚愕)、
Azure IoT Hubにはつながっていないことが確認できた(そりゃそうだ)

Azure 登録

とりあえず、Azure の新規登録を以下を参考にしてやってみる

ESP8266 & BME280 & Azureで始める1000円 クラウドIoT生活
https://qiita.com/___monta___/items/43f69847afd88e42bf20

リソース作成時に Pricing and scale tier に注意して作成する
今回は一つのセンサの情報を上げるだけなので、Free の F1 で作成する
作成後デプロイが始まるので待機

IoT devices でデバイスを適当に追加してみる
デバイスが追加されたことが確認できる
Device name = ESP32

プログラム内の connectionString に Connection String (Primary Key) を入力する
この文字列でAzureはどのデバイスからの通信であるかを判断しているのかな?

もともとのプログラムが以下の様になり、
IoT Hub につながっていることが確認できる

●シリアルモニタ側

●Azure 側

ここで、snprintfがわからななかったので調べた
要するに、指定文字数を超えないように変数を代入していき文字列を作成するってこと?
https://renoji.com/IT.php?Contents=Program_C/C_String_Fn_snprintf.html

まとめ

Azure IoT Hub に wifi 経由で接続できているところまでは確認できた
どのようにデータを格納したら、Azure 側で確認できるのかがわからない、、、
グラフを簡単に作れるBIツールは gmail じゃ登録できなくて苦悶中
会社や学校のメールアドレスじゃないとだめらしい(会社のアドレスは使いたくないからどうしようか)

参考にしたサイト

https://qiita.com/wamisnet/items/4347b0794f1df51d7b5d
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/iot-hub-live-data-visualization-in-power-bi
https://github.com/ahidaka/iot-edge-hacks
https://platformio.org/lib/show/5462/ESP32%20Azure%20IoT%20Arduino
https://qiita.com/___monta___/items/43f69847afd88e42bf20#%E3%83%87%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%99%BB%E9%8C%B2

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away