1. zrock

    Posted

    zrock
Changes in title
+Gravio 4のCO2データを送信する間隔を調整する
Changes in tags
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -0,0 +1,29 @@
+「[Gravio 4とPower BIでCO2を可視化する](https://qiita.com/zrock/items/08148659ebf523f5c160)」では、受信したCO2のデータをそのままPower BIに送信しました。GravioのCO2センサーは10秒毎にCO2を受信しますので、ちょっと頻度が多いかなと思うときがあります。
+頻度を調整したいときは、トリガーの「間隔」で調整することが可能です。
+
+![image.png](https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/41603/16501d8c-9512-a357-d1b3-d82ce7d772cc.png)
+
+この間隔は、トリガーの条件を評価する間隔だと考えてもらえればいいと思います。
+`0`を指定した場合、はすべての受信したデータに対してトリガーが実行されます。
+ミリ秒単位で時間を指定すると、その時間内は条件が合致してもトリガーは実行されません。
+
+1分毎にしか実行したくない場合、ここを「60000」としておけばいいわけですが、実際にはちょうどぴったり10秒後にデータを受信した場合に動かなくなったりするかもしれないので、ここはちょっと余裕を見て「59000」と指定しておきます。
+
+Power BI側でも約1分毎にデータが受信されるようになりました。
+![image.png](https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/41603/87b94ee0-883a-2b90-c3d4-59352d2c947a.png)
+
+ちなみに、どうせなら1分間の平均値を使ったりしたいなぁと思いますが、それはちょっと作り方が変わるのでまた後日に。。
+
+
+# 使用環境
+
+* Raspberry Pi 4 Model B w/4GB RAM
+* Ubuntu Server 20.04.1 LTS
+* Gravio HubKit v4.1.0-6380
+* Gravio Studio v4.1.5432.0
+
+# 参考
+* [Gravio][]
+* [デバイストリガー](https://doc.gravio.com/manuals/gravio4/1/ja/topic/event-trigger)
+
+[Gravio]:https://www.gravio.com/jp