1. zembutsu

    誤字修正と表記調整

    zembutsu
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,9 +1,9 @@
## 概要
SkyDNS2 の実行環境を構築し、実行するまでの手順のまとめ。前提条件としての Etcd の環境構築と、SkyDNS の構築手順を含む。ただし、SkyDNS の実行や Etcd の運用に関する技術は扱わない。
-また、当文章における `SkyDNS` とは、特に明示が無い限り2014年6月に再構成された `SkyDNS2` を指す。SkyDNS2 は、サービス検出(Service Discovery)と告知(Announcement)するシステムで、GitHub 上のプロジェクト https://github.com/skynetservices/skydns である。元々 SkyDNS として公開されていた [SkyDNS1](https://github.com/skynetservices/skydns1) とは構造が異なる。大きく違うのは、データ保存のバックエンド・システム Etcd に面依存している。
+また、当文章における `SkyDNS` とは、特に明示が無い限り2014年6月に再構成された `SkyDNS2` を指す。SkyDNS2 は、サービス検出(Service Discovery)と告知(Announcement)するシステムで、GitHub 上のプロジェクト https://github.com/skynetservices/skydns である。元々 SkyDNS として公開されていた [SkyDNS1](https://github.com/skynetservices/skydns1) とは構造が異なる。大きく違うのは、データ保存のバックエンド・システム Etcd に面依存している。
### Consul と SkyDNS の違い
Consul と SkyDNS は、どちらもサービス検出(Service Discovery)を行う事ができる。前者がオーケストレーションツールであるのに対し、SkyDNS はサービス検出と DNS 回答に特化している。Consul は独自で KVS を持つが、SkyDNS はバックエンドに Etcd を採用している。いずれも Raft プロトコルによるデータ永続性を保証。