PHP
Mac

MAMPに関するメモ

MAMPを利用する際の環境設定メモ。

インストール

ここからダウンロードしてインストール。いつの間にかver4.x。そしてMAMP Cloudとかいうのも出してきてる・・・。

PATHを通す

PHPとMySQLはMAMPに入っているものを利用します。
.bash_profile等に書きを追加。

#MySQL
export PATH=/Applications/MAMP/Library/bin:$PATH
#PHP
export PATH=/Applications/MAMP/bin/php/php7.2.1/bin:$PATH

なお、PHPのPATHはバージョンに依存するので、上記で7.2.1となっている部分を自分の環境に合わせて変更してください。

php.iniの位置と設定

MAMPのWebサーバをスタートした際の「スタートページ」でphpinfoを表示させ位置を確認します。
必要なパラメータを変更します。変更した際にはMAMP(というかWebサーバ)の再起動を忘れず。

/Applications/MAMP/bin/php/php7.2.1/conf/php.ini

まあ、とりあえずいじるとすると、

#-1で制限なし
memory_limit = 256M
#0で制限なし
max_execution_time = 60
display_errors = On

あたり。

my.cnfの位置と設定

/Applications/MAMP/conf/my.cnfに置くのが無難なようですが、標準では存在しません。
なので、/Applications/MAMP/Library/support-files/my-default.cnfをリネームしてコピーします。

cp /Applications/MAMP/Library/support-files/my-default.cnf /Applications/MAMP/conf/my.cnf

設定はこだわればきりがないですが、とりあえず、innodb_buffer_pool_sizeくらいは変えておきます。
まじめに使う際は物理メモリの80%くらいに。。

innodb_buffer_pool_size = 1G

MySQLのデータファイルの位置

デフォルトのデータディレクトリの位置は下記のもよう。

  • MAMP3 /Applications/MAMP/db/mysql
  • MAMP4 /Applications/MAMP/db/mysql56