Help us understand the problem. What is going on with this article?

Lumen(6.x系)、いろいろハマるところ

書きなぐりメモ。

バージョン

$ php artisan --version
Laravel Framework Lumen (6.3.3) (Laravel Components ^6.0)

composer create-projectしたあと、動かない/エラーが表示される。

$ composer create-project --prefer-dist laravel/lumen blog
$ cd blog
$ composer dump-autoload

設定(config)ファイルは?

  • .env
  • boostrap/app.php

ユーザー認証したい

  1. composer require laravel/ui --dev
  2. Laravel6系のapp/Http/Controllers/Authから使用するファイルをコピーする。
  • LoginController.php
  • RegisterController.php
  1. resources\views\authからbladeファイルをコピー
  • login.blade.php
  • register.blade.php

bladeファイルを環境に合うように修正。Laravel6.x系と同じbladeだけど、そのままでは使うことができず使えない記法(@error,@oldや翻訳の__()など)があるので、素のHTMLに近い状態まで編集する必要がありそう。

php artisan key:generate?

str_random()のやり方ができなくなってます。php7だとrandom_bytes()が使えるのでそのまま実行しました。

php -r "echo base64_encode(random_bytes(24)).PHP_EOL;"

本来ならphpのrandom_bytes関数で32文字を作って表現できる文字に変換するbase64_encode関数を実行するのですが、base64_encode(random_bytes(32))だと44文字生成されてしまうため、random_bytesを24文字で実行してます。

おそらく44文字でも大丈夫だと思いますが、マニュアルに"this string should be 32 characters long."とあるため、32文字にしています。

個人的な感想

Laravelのこと(すくなくとも5.x系の知識)がわからないとLumenを使うのはとても難しいです。でも、Laravelができることを知っていると「なんでLumenでできないの!?」と思ってしまうことが多々あるのでLumenでなければいけない条件が難しいです。

もし、作ろうとしているサービスでなんらかの認証(ユーザー認証やAPI用の認証)が必要になる場合、Lumenで作り始めて各種コンポーネントを足していくよりLaravel 6.xで作り始めて使用しないコンポーネントを解除/消していくほうがシンプルかもしれません。

yyano
IT系おじさん。やんわりと転職活動中。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした