SEO

SEO初心者のためのSEO入門③(リンク後編)

More than 1 year has passed since last update.

あけましておめでとうございます🐔! 間が空いてしまいましたが3回目です。基本的にこの記事は需要があれば続きを書くスタンスですので、もし続きを読みたいという奇特な方がいらっしゃいましたら何かリアクションしていただけると嬉しいです。

第2回となるリンク前編では主に外部リンクの重要性について解説しました。第3回となる後編では内部リンクについて解説していきます。

内部リンク

サイト内に張られるリンクのことを内部リンクと呼びます。代表的なものを挙げると、トップへ戻るリンク、関連する記事の相互リンクなどですね。内部リンクは外部リンクほど大きな影響力はありませんが、重要なSEOポイントであることに変わりありません。

内部リンクの役割

内部リンクが果たす役割として以下が挙げられます。

  • クローラーのクローリングを促進する
  • クローラーのページ評価を手助けする
  • ユーザーのサイト内回遊率を上げる

クローラーのクローリングを促進する

内部リンクの重要な役割はクローラーにサイトのページを適切に伝えることです。

例えば、トップページと検索結果ページしかない画像投稿サイトがあったとします。目当てのページに辿り着くためには、ユーザーは検索ボックスにキーワードを入れて検索ボタンを押さなければなりません。

一見、今どき流行りのシンプルなインターフェースで何の問題もないと思われるかもしれません。しかし、クローラビリティを考えた時にこの設計は良くないといえます。内部リンクがないために検索結果ページをクローラーが知る方法がないからです。もちろん、サイトマップを使う方法はありますが、ユーザビリティを考えてもある程度のカテゴリリンクは設けるべきでしょう。

クローラーはサイト内の内部リンクによってページの存在を知ります。言い換えると、内部リンクのないページはインデックスされづらいということです。よく、通常のリンクではなくJavaScriptでページ遷移するサイトがありますが、クローラビリティを考えると併せてリンクを張ったほうがベターでしょう。最近のクローラーは賢くなってきているためJavaScriptだけでクロールされる場合もありますが、確実にクロールされるとは言い切れません。

クローラーのページ評価を手助けする

ではどのような方針で内部リンクを張っていけば良いのでしょうか。基本的には重要なページにリンクを集める、関連するページ同士を相互リンクするなどの方法が有効です。

内部リンクを意識したよくある構成として、以下のコンテンツを含んだサイト設計が挙げられます。

  • ナビゲーションバー
  • パンくず
  • サイドバー
  • 関連リンク
  • フッターリンク

これらはクローラビリティと同時にユーザービリティも担保するものですので、その意味でも有益といえるでしょう。

また、あまり重要でないページにたくさんのリンクが集中しているケースをたまに見かけますが、できるだけインデックスさせたいページに集中的にリンクを集めると良いです。

アンカーテキストを意識する

ページの意味をクローラーに正しく伝えるため、アンカーテキストは遷移先のページを適切に表すキーワードがいいでしょう。「こちらから」などの記載は曖昧なためできるだけ避け、アンカーテキストは具体的な文字列にすることを推奨します。また、クローラーは画像を認識できないため、きちんとaltタグを設定し、それがどのような画像なのかを明記すると良いでしょう。

ユーザーのサイト内回遊率を上げる

これはSEOとは少し違うのですが、関連するページへリンクを張ることでユーザーの回遊率が上がり、PV増に繋がります。関連コンテンツはクローラー対策、ユーザビリティ向上とPV増、コンテンツ増強効果などプラス面が多いのでオススメです。

内部リンクはペナルティの対象にならないのか?

さて、前回人工的な外部リンクはペナルティの対象になるという話をしました。内部リンクはどうなのでしょうか。結論から言うと内部リンクはペナルティの対象にはなりません。どのページにもある「トップページへ戻る」リンクが過剰リンクとしてペナルティの対象になっては困りますものね(^^;)

ただし、リンク先と違うキーワードを含んだ不適切なアンカーテキストはペナルティの対象になりえます。あくまで自然な実装を心掛けていれば何の問題もありませんという話ですので、変な考えは起こさないほうが良いでしょう。というか、そもそも内部リンク自体に大きな影響力はありません。そこで頑張るよりコンテンツ強化等に力を注いだほうが良いといえます。

最後に

内部リンクは地味なやつですが、実はけっこう大事です。例えば、昨今話題のコンテンツマーケティングですが、いくら良いコンテンツを作ったとしても、そのページがインデックスされなければ何の意味もありません。その意味で、内部リンクの重要性はコンテンツの重要性と深い関係にあるといえます。内部リンクは細かいチューニングが中心の目立たない存在ですが、SEOにとって重要な役割を担っているのです。