ブログ
デザイン,UI,web
canva

全てのエンジニアにおすすめしたい簡単にデザインができるデザインツール「Canva」のススメ

More than 1 year has passed since last update.

他に投稿した記事はこちら

『XAMPP+Bitbucketを使ってバージョン管理~準備編~』

http://qiita.com/mayutechIOG/items/eaeb1efb6b8bb27fea89

『今日からできるSQLでデータ分析』

http://qiita.com/mayutechIOG/items/abd89b7ffc327ba9da4b

人は見た目が9割と言われているように、サービスの見た目も9割(流石にいいすぎ?)

同じようなサービスであれば、見た目がよさそうなものに惹かれてしまうのも事実であると思います。

Webサービスをひとりで開発していて、可能な限り最高に良いものを世の中に提供したい!!と

思っていた私は、デザインで悩んでいました。

・トップページやヘッダーのサイズに合うように解像度そのままでトリミングしたい

・かっこいい写真素材を無料で使いたい

・Instagramみたいにおしゃれに加工したい

・PhotoshopやIllustratorよりもっと学習コスト少なく手軽に使えるものがほしい

色々探していた時、全ての悩みを解決してくれるWebサービス「Canva」にたどり着きました。

canva_image.jpg

https://www.canva.com/

私がつくったものはこちら

とある勉強会の告知用で作成させて頂いたものですcompetition03.png

これがドラッグ&ドロップや文字入力等簡単な操作だけで10分少々で

できちゃいます。


Canvaとは

すでに用意されているテンプレート内から

好きなものを選んで、あとはドラッグ&ドロップで、写真やイラスト素材、文字などを入力するだけで

自分好みのデザインに仕上げてくれるWebサービスです。

使い方については、こちらのYoutubeの動画がオススメです。

https://youtu.be/-6NKQrL2OD8

無料で使用が可能です。

有料版「Canva for Work」(年間契約月額9.95ドル)では、画像をフォルダで管理したり、

画像のリサイズが1クリックで可能な機能、チームでテンプレートを共有する機能もあったりしますが、

手早く素材を加工して使うぐらいであれば無料版でも十分使えます。


テンプレートが豊富

TwitterやFacebook、Instagram等のSNS用のテンプレートから

名刺、ポスター、カードやCDジャケットなどのプロダクトデザイン用のテンプレートまで

実に60種類以上のテンプレートが用意されています。(2017年6月4日時点)

canva_design.png

「画像サイズを指定」で幅と高さを設定して、デザインを作成することができます。

(ヘッダー等、これぐらいの大きさのものがほしい!という時にとても便利です)

さらに画像やフォント、アイコンまで取り揃ってます。

フラットデザインで表現されているがとても素敵です。

canva_design_sozai.png

素材は、「無料」と書かれたものと「1$」と書かれた有料で配布されているものがあります。

canva_design_sozai_photo.png


チュートリアルや他ユーザーが作成したデザインまで参考にできる機能までも!

メニューの下部にいくと

「デザインを学ぶ」と「デザインインスピレーション」があります。

canva_design_menu.png

「デザインを学ぶ」では、簡単な操作方法から素敵なデザインを生み出す方法まで

幅広いチュートリアルが揃っています。

canva_design_tutorial.png

「デザインインスピレーション」では、他のユーザーが作成したデザインをみることができます。

(これをインスピレーションと名付けたところにセンスを感じます)

design_stream.png


さいごに

いかがでしたでしょうか。

簡単な操作で、幅広いテンプレート、素材まで使えるデザインツール、Canva

ぜひ皆さん一度、お試しください!

https://www.canva.com/

今の時期だと、デザインワークショップで、

暑中見舞い用のはがきを作ってみよう!なんて素敵ですね。