1. yuwd

    No comment

    yuwd
Changes in body
Source | HTML | Preview

概要 PolioPager

Swiftでアニメーション付きの上タブを実装するライブラリといえば、かの有名なXLPagerTabStrip が思い浮かぶでしょう。
しかし、SNKRSのような少しだけ複雑なアニメーションを実装しようとなると、XLPagerTabStripでは厳しい。

SNKRS↓

XLPagerTabStripで色々とごちゃごちゃ試してみたけど、やっぱり綺麗には実装できないんですよね...(俺の実力不足の可能性もある)

じゃあもう、イチから作っちゃうか〜ってことで、検索タブ内蔵のタブを実装するライブラリ PolioPagerを作ってみました!

Preview

こんな感じで、selectedBarが滑らかに移動したり、各項目をタップしたらそのページに遷移してくれたり。

Installation

PolioPagerはCocoaPods・Carthage両方ともに対応しています。
GitHubのページはこちら(MIT)

CocoaPods

Podfileに以下の通り追加し、pod installするだけでOK。

pod 'PolioPager'

Carthage

Cartfileに以下の通り追加すればOK。

github "YuigaWada/PolioPager"

使用例 & 使い方

では実際に使用例を見ていきましょう

import PolioPager

class ViewController: PolioPagerViewController { //(1)

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
    }

    override func tabItems()-> [TabItem] { //(2)
        return [TabItem(title: "Redbull"),TabItem(title: "Monster"),TabItem(title: "Caffeine Addiction")]
    }

    override func viewControllers()-> [UIViewController] //(3)
    {
        let storyboard = UIStoryboard(name: "Main", bundle: nil)

        let viewController1 = storyboard.instantiateViewController(withIdentifier: "searchView")
        let viewController2 = storyboard.instantiateViewController(withIdentifier: "view1")
        let viewController3 = storyboard.instantiateViewController(withIdentifier: "view2")
        let viewController4 = storyboard.instantiateViewController(withIdentifier: "view3")

        return [viewController1, viewController2, viewController3, viewController4]
    }
}

PolioPagerを使えば、たった4手で滑らかなタブを実装することができます。
頭から順を追って説明していきましょう!



(0). import PolioPagerを忘れずに

(1). メインのViewControllerはPolioPagerViewControllerを継承させる

(2). 次にtabItems()overrideしてタブの情報を渡します

TabItemのリストをreturnするだけでOKです。
各タブの幅は自動で計算され、デバイスの種類ごとに最適化されます。



またTabItemは以下のように定義されています。

public struct TabItem {
    var title: String?
    var image: UIImage?
    var font: UIFont
    var cellWidth: CGFloat?
    var backgroundColor: UIColor
    var normalColor:UIColor
    var highlightedColor: UIColor

    public init(title: String? = nil,
    image: UIImage? = nil,
    font:UIFont = .systemFont(ofSize: 15),
    cellWidth: CGFloat? = nil,
    backgroundColor: UIColor = .white,
    normalColor: UIColor = .lightGray,
    highlightedColor: UIColor = .black){

        self.title = title
        self.image = image
        self.font = font
        self.cellWidth = cellWidth
        self.backgroundColor = backgroundColor
        self.normalColor = normalColor
        self.highlightedColor = highlightedColor

    }
}

titleがタブに表示される文字列だと思ってください。




(3). 最後にviewControllers()overrideして表示するViewControllerを渡します
ここでも(2)と同じように、ViewControllerのリストをreturnしてください。

上の例では、storyboard上のViewControllerをreturnしています。



補足: withIdentifierについて

 let viewController1 = storyboard.instantiateViewController(withIdentifier: "searchView")

についてですが、storyboardから以下の画像のように各ViewControllerにStoryboard IDを振り分けていってください。

Screen Shot 2019-09-03 at 14.45.53.png

Screen Shot 2019-09-03 at 14.40.02.png

検索ViewControllerについて

一番左のタブは検索タブとなりますが、検索タブ上ではユーザーからのTextFiledの入力を受け取る必要があります。

入力を受け取るため、検索タブに紐付けされたViewControllerにPolioPagerSearchTabDelegateを適合させましょう。

以下の例のように、生のTextFiled等を受け取ることができます。

import PolioPager

class SearchViewController: UIViewController, PolioPagerSearchTabDelegate, UITextFieldDelegate {

    @IBOutlet weak var label: UILabel!

    //この3つはPolioPagerSearchTabDelegateによるもの
    var searchBar: UIView!
    var searchTextField: UITextField!
    var cancelButton: UIButton!


    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        self.searchTextField.delegate = self
    }

    //ユーザーの入力を処理 (ここはUITextFieldDelegateによるもの) 
    func textField(_ textField: UITextField, shouldChangeCharactersIn range: NSRange, replacementString string: String) -> Bool {
        guard let text = textField.text else{ return true }

        label.text = text
        return true
    }


}

Customization

PolioPagerではセル同士の間隔やアニメーション、色...等 をカスタムすることができます。

以下のように定義されています。


public var tabBackgroundColor: UIColor = .white

public var barAnimationDuration: Double = 0.23


public var eachLineSpacing: CGFloat = 10
public var sectionInset: UIEdgeInsets = UIEdgeInsets(top: 0, left: 10, bottom: 0, right: 10)
public var selectedBarHeight: CGFloat = 3



また、PolioPagerではタブ上の各Viewがopenに定義されているので、生のViewを取り出すことができます。

//MARK: open IBOutlet
@IBOutlet weak open var collectionView: UICollectionView!
@IBOutlet weak open var searchBar: UIView!
@IBOutlet weak open var selectedBar: UIView!
@IBOutlet weak open var pageView: UIView!
@IBOutlet weak open var searchTextField: UITextField!
@IBOutlet weak open var cancelButton: UIButton!

たとえば次の例のように、生のselectedBarを取り出して自由に操作することもできます。

//PolioPagerViewController

override func viewDidLoad() {
     self.selectedBarHeight = 2
     self.selectedBar.layer.cornerRadius = 0
     self.selectedBar.backgroundColor = .gray

     super.viewDidLoad()
 }

(selectedBarとはこれ↓)



その他

コード上でタブを移動させたい場合は moveTo(index: Int)を使用してください。

//PolioPagerViewController

moveTo(index: 1)
moveTo(index: nextIndex)
...



開発体験記 ー 実は厄介 UIViewPropertyAnimator

PolioPagerはUIViewPropertyAnimatorを利用してアニメーションを実装しているのですが、実はコイツがかなりの厄介者で、実装には結構苦労しました...
特に検索タブの処理とタブをタップした際のアニメーションの処理の実装はかなり時間がかかったような気がします。

以下、PolioPagerの紹介とは全く関係ありませんが、この知見を一応Qiitaにでも残しておこうと思います。
(私の理解不足の可能性もありますから、誤りがあればコメントお願いします。)

観測時の状態のズレ

UIViewPropertyAnimatorでは、startAnimation()fractionComplete弄った瞬間、実際の見た目と、コード上で観測できるviewの状態が完全にズレてしまいます。
例えば、たとえfractionComplete = 0.5の状態であったとしても、コード上ではすでにfractionComplete = 1.0の状態、つまり完全にアニメーションが終了した状態であると観測されてしまうのです。

私のPageViewController.swiftのコードが何かの参考になれば幸いです。

ホームへ戻るとAnimatorが無効化される

デフォルト状態では、ホーム画面へ戻るとAnimatorのstateinactiveへと切り替わります。
これを回避するには、AnimatorのpausesOnCompletiontrueにしておけばいいようです。

Swift UIViewPropertyAnimator automatically plays when leaving app」を参考にしました。

fractionCompleteは監視ができない & 発火は一度きり

fractionCompleteはおそらく監視できないようです。
したがって、アニメーションの連鎖発火を実現させるためにはfractionCompleteではなく、startAnimation()を使わねばなりません。
しかし、startAnimation()による発火は一度きりなので、Animatorが発火し終わった後、fractionCompleteによるアニメーション処理のために、再度Animatorを生成してあげる必要があります。

PolioPagerではタブのタップによる画面遷移にて、上に書いたような処理を行っています。
PageViewController.swiftmoveTo(index: Int)が参考になると思います。

(もっと簡単な実装方法があるのかもしれませんが、私には思いつきませんでした...)




結論: UIViewPropertyAnimatorはクソ

その他、開発中に参考にしたもの

Get scroll position of UIPageViewController: Animatorとスワイプ量の紐付けの際に参考にしました

developer.apple.com/documentation: 意外と欲しい情報が全然書いてなかったりするよね


Follow me

Twitterやってます。
ぜひフォローおねがいします。