Help us understand the problem. What is going on with this article?

【python】pipとは?コマンド一覧と使い方を実例で解説

【python】pipとは?コマンド一覧と使い方を実例で解説

pythonでモジュールやパッケージをインストールするときに使うpipが気になったのでそのまとめ。

バージョン管理もアップグレードも簡単にできる。追加方がわかっているとなかなか便利。

目次

  1. pipとは?
  2. pipでできること
  3. pipの主要コマンド一覧早見表
  4. インストール
    1. 通常のインストール
    2. アップグレード
    3. バージョンを指定してインストール
  5. バージョンの確認
    1. 一覧で表示(pip list)
    2. 一覧で表示(pip freeze)
    3. 最新版になっていないものだけを確認
    4. pipのバージョン確認
    5. パッケージのバージョン確認
  6. ダウンロード
  7. ヘルプの表示
    1. pipのコマンドとオプション一覧
    2. 各コマンドのヘルプ
  8. pipとpip3の違い


1. pipとは?

python公式のパッケージ管理システム。
インストールしたpythonの中に入っている。

Pip Installs Packages(またはPython)の略。
読み方はピップ。

pythonに公式に登録されたパッケージのインストールやアンインストールが出来る。

<補足>
pythonのパッケージはPyPIで管理されている。
 └ Python Package Indexの略
 └ 呼び名:パイパイ
 └ 公式ページ:https://pypi.org/

コマンドでPyPIにアクセスし、ファイルをインストールしたりするのがpip。


2. pipでできること

モジュールやパッケージの

  • インストール
  • 削除
  • バージョン確認
  • 一覧表示(インストール済み)
  • アップデート
  • ダウンロード(インストールはしない)

など


3. pipの主要コマンド一覧早見表

コマンド 内容
pip install パッケージ名 パッケージのインストール
pip install -U パッケージ名 アップグレード
pip install --update パッケージ名 アップグレード
pip install パッケージ名==バージョン インストール(バージョン指定)
pip list インストール済みパッケージ名とバージョン一覧
pip freeze インストール済みパッケージ名とバージョン一覧
pip list --outdate 最新版になっていないもののみ表示
pip -V pipのバージョン情報を表示
pip show パッケージ名  バージョン情報などを表示
pip download パッケージ名 最新ファイルをDL(インストールはしない)
pip help pipの主要コマンドとオプション一覧を表示
pip コマンド -h コマンドの内容とオプションを表示


※コマンドについて
・パスが通っている場合:pip
・パスが通っていない場合:py -m pip
 └ 「python -m pip」と同じ

事例はパスが通っている場合の記述。


4. インストールコマンド

4-1. 通常のインストール
4-2. アップグレード
4-3. バージョンを指定してインストール(ダウングレードができる)


4-1. 通常のインストール

pip install パッケージ名
 └例「pip install selenium」

既にインストールされている場合は、「Requirement already satisfied:」と表示される。


4-2. アップグレード

pip install -U パッケージ名
pip install --upgrade パッケージ名
 └ 例1:「pip install -U selenium」
 └ 例2:「pip install -U pip」
  (pipを最新版にアップグレード)

オプションは「-U」「--update」どちらでもOK。

既に最新の場合は「Requirement already up-to-date:」と表示される


4-3. バージョンを指定してインストール

pip install パッケージ名==バージョン
 └ 例:「pip install dash==1.9.0」

旧バージョンのインストール(ダウングレード)も可能。


5. バージョンの確認

▼まとめて確認
5-1. pip list
5-2. pip freeze
5-3. 最新版になっていないものだけを確認

▼個別に確認
5-4. pipのバージョン確認
5-5. パッケージのバージョン確認


まとめて確認

5-1.pip list

list形式でパッケージ名とバージョンを表示。

pip list

> pip list
Package              Version
-------------------- ----------
attrs                19.3.0
backcall             0.1.0
bleach               3.1.0
certifi              2019.11.28
chardet              3.0.4
Click                7.0
colorama             0.4.3
dash                 1.9.0
dash-core-components 1.8.0
dash-html-components 1.0.2
・
・
・

5-2.pip freeze

基本機能は「pip list」と同じ。
表示形式が異なる。freezeは表示方法を指定できる(らしい)

> pip freeze
attrs==19.3.0
backcall==0.1.0
bleach==3.1.0
certifi==2019.11.28
chardet==3.0.4
Click==7.0
colorama==0.4.3
dash==1.9.0
dash-core-components==1.8.0
dash-html-components==1.0.2
・
・
・


5-3. 最新版になっていないものだけを確認

pip list --outdate
パッケージ名、現在インストールされているバージョン、最新バージョンを表示。

> pip list --outdate
Package              Version Latest Type
-------------------- ------- ------ -----
bleach               3.1.0   3.1.3  wheel
Click                7.0     7.1.1  wheel
dash                 1.9.0   1.9.1  sdist
dash-core-components 1.8.0   1.8.1  sdist
dash-table           4.6.0   4.6.1  sdist
decorator            4.4.1   4.4.2  wheel
idna                 2.8     2.9    wheel
・
・
・

5-4. pipのバージョン確認

pip -V
 └「-V」は大文字。
  ※「-v」小文字は別のオプション

バージョンと保存先のパスを表示。

> pip -V
pip 20.0.2 from c:\users\appdata\local\programs\python\lib\site-packages\pip (python 3.8)


5-5. パッケージのバージョン確認

pip show パッケージ名
 └例:「pip show selenium」

バージョン情報、公式URL、製作者、保存先のパスなどがわかる。

> pip show selenium
Name: selenium
Version: 3.141.0
Summary: Python bindings for Selenium
Home-page: https://github.com/SeleniumHQ/selenium/
Author: UNKNOWN
Author-email: UNKNOWN
License: Apache 2.0
Location: c:\users\appdata\local\programs\python\lib\site-packages
Requires: urllib3
Required-by:


6. ダウンロード

pip download パッケージ名
 └例:「pip download selenium」

インストールはせずに最新のファイルをダウンロードしたい場合に使える。


7. ヘルプの表示

7-1. pipのコマンドとオプション一覧
7-2. 各コマンドのヘルプ


7-1. pipのコマンドとオプション一覧

pip help

コマンドとオプションの一覧が見れる
> pip help

Usage:
  pip <command> [options]

Commands:
  install                     Install packages.
  download                    Download packages.
  uninstall                   Uninstall packages.
  freeze                      Output installed packages in requirements format.
  list                        List installed packages.
  show                        Show information about installed packages.
  check                       Verify installed packages have compatible dependencies.
  config                      Manage local and global configuration.
  search                      Search PyPI for packages.
  wheel                       Build wheels from your requirements.
  hash                        Compute hashes of package archives.
  completion                  A helper command used for command completion.
  debug                       Show information useful for debugging.
  help                        Show help for commands.

General Options:
  -h, --help                  Show help.
  --isolated                  Run pip in an isolated mode, ignoring environment
                              variables and user configuration.
  -v, --verbose               Give more output. Option is additive, and can be used up
                              to 3 times.
  -V, --version               Show version and exit.
  -q, --quiet                 Give less output. Option is additive, and can be used up
                              to 3 times (corresponding to WARNING, ERROR, and
                              CRITICAL logging levels).
  --log <path>                Path to a verbose appending log.
  --proxy <proxy>             Specify a proxy in the form
                              [user:passwd@]proxy.server:port.
  --retries <retries>         Maximum number of retries each connection should attempt
                              (default 5 times).
  --timeout <sec>             Set the socket timeout (default 15 seconds).
  --exists-action <action>    Default action when a path already exists: (s)witch,
                              (i)gnore, (w)ipe, (b)ackup, (a)bort.
  --trusted-host <hostname>   Mark this host or host:port pair as trusted, even though
                              it does not have valid or any HTTPS.
  --cert <path>               Path to alternate CA bundle.
  --client-cert <path>        Path to SSL client certificate, a single file containing
                              the private key and the certificate in PEM format.
  --cache-dir <dir>           Store the cache data in <dir>.
  --no-cache-dir              Disable the cache.
  --disable-pip-version-check
                              Don't periodically check PyPI to determine whether a new
                              version of pip is available for download. Implied with
                              --no-index.
  --no-color                  Suppress colored output
  --no-python-version-warning
                              Silence deprecation warnings for upcoming unsupported
                              Pythons.


7-2. 各コマンドのヘルプ

pip コマンド -h
└例:「pip install -h」

各コマンドの用途とオプションが確認できる。

> pip install -h

Usage:
  pip install [options] <requirement specifier> [package-index-options] ...
  pip install [options] -r <requirements file> [package-index-options] ...
  pip install [options] [-e] <vcs project url> ...
  pip install [options] [-e] <local project path> ...
  pip install [options] <archive url/path> ...

Description:
  Install packages from:

  - PyPI (and other indexes) using requirement specifiers.
  - VCS project urls.
  - Local project directories.
  - Local or remote source archives.

  pip also supports installing from "requirements files", which provide
  an easy way to specify a whole environment to be installed.

Install Options:
  -r, --requirement <file>    Install from the given requirements file. This option
・
・
・


8. pipとpip3の違い

pipには、「pip2」「pip3」など、pythonのバージョン毎にpipのコマンドが用意されている。



■pythonのバージョンが混在していない場合
「pip」が該当するバージョンのpipと同じになる。
python3系のみ:「pip」=「pip3」
python2系のみ:「pip」=「pip2」



■バージョンが混在している場合
python3系:「pip3」
python2系:「pip」、「pip2」



トップに戻る

yuta-38
メモとして活用してます
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away