iPhone
ラクスDay 19

iPhoneの小ワザ機能

ラクスのyusuke-nakanoです。
ラクスアドベントカレンダー19日目を担当します。

今回はiPhoneの小ワザ機能をいくつかご紹介しようと思います。

私はiPhone 4Sを購入して以来、iPhoneユーザーになったのですが、以前どこかでiPhoneの小ワザ機能について調べてから今に至るまで、ずっと使い続けている便利機能があるのでいくつかご紹介します。意外とみなさんが知らない機能があるかも。

高速スクロール

ブラウザを使ってWebサイトを見てる時なんかに「ページの一番上までスクロールしたい!」と思ったら使える機能。
操作は簡単で、図中の画面上部をタップするだけ。これは結構知られている機能かも。

image1.png

キーボードタイプの選択

iPhoneでは日本語テンキー、日本語ローマ字、English(US)の3つのキーボードを切り換えられますが、「いちいち画面タップして切り替えるのが面倒!」と思ったら使える機能。
これまた操作は簡単。キーボードの地球マークを長押しすると、3種類のキーボードが表示されるので、使いたいキーボードをすぐに選択できます。

image2.png

大文字入力の固定化

English(US)キーボードでパスワードなんかを入力するときに、Caps Lockキーを押せば大文字が打てるのですが、1度打つとまた小文字入力に戻ってしまうので、「大文字を連続で打ちたい!」と思ったら使える機能。
Caps Lockキーをダブルクリックすれば大文字入力が固定化されます。これは意外とみなさん知らないのでは?

image3.png

入力の取消

文字を入力したあとに、コピーするつもりが誤って消しちゃったなんてときに使える機能。
iPhone本体を振ると、確認ダイアログが表示され、直前の作業を取り消すことができます。この機能は正直そんなに使わないのですが、たまに利用しています。

image4.png

付属のイヤホンケーブルでカメラ撮影

最後は正直1回しか使ったことのない機能ですがこの機会にご紹介しておきます。
実はiPhoneは標準のイヤホンケーブルがカメラのシャッターになります。

付属のイヤホンケーブルをiPhoneに繋ぎ、カメラアプリを起動したらイヤホンのボリュームボタン(「+」、「−」どちらでもOK)を押すと撮影ができます。iPhone本体に触らないので、手ブレしないなどのメリットあり。
(ちなみに、横向き撮影の場合はiPhone本体のボリュームボタンでも撮影ができる)

最後に

いかがでしたでしょうか。
もっといろいろ調べると実はこんな機能あったんだという発見があると思います。今回の記事を読んで、iPhone操作がちょこっと上達するかもしれませんね。

参考

https://matome.naver.jp/m/odai/2135545071676384201