Help us understand the problem. What is going on with this article?

Laravelのドキュメントを読み解く 〜開発準備〜

More than 3 years have passed since last update.

前提

  • WindowsでLaravelを使うための準備についてまとめています
  • リファレンスなどをもとに学習したことを自分が理解しやすいように直してまとめています
  • Laravelの環境構築にはLinuxコマンドの使い方やvimの使い方に関する知識などが必要です
  • Laravel5.4のリファレンスをもとにしています

概要

  • Laravelを導入するには一定の環境要件を満たす必要があります
  • その環境を手動で用意するのは大変苦労がいりますが、Laravelには Homesteadという専用の仮想マシンを作成するための方法が標準で用意されています
  • Laravelを始めるためには、ローカルにComposerをインストールしておく必要があります
  • ComposerをインストールするためにはPHPをインストールしておく必要があります
  • gitがWindows環境で使えるようにしておく必要があります

Windows 10 に PHP 7.1 と Composer をインストールする

https://mseeeen.msen.jp/install-php7-and-composer-in-windows-10/

仮想開発環境の構築(Laravel Homestead)

  1. VirtualBoxとVagrantのインストールを終えたら、早速Laravel専用のBoxを追加します

    vagrant box add laravel/homestead
    
  2. 環境を構築したい階層に移動してgitを使ってHomesteadのデータをクローンします

    git clone https://github.com/laravel/homestead.git Homestead
    
  3. クローンが完了したら「cd Homestead」でディレクトリを移動する。そして、masterブランチは常に安定しているわけではないので、バージョンタグがついたHomesteadにブランチを変更する。

    git checkout v5.4.0
    
  4. ブランチを切り替えたら、Homesteadディレクトリ内で下記のコマンドを実行し、Homestead.yamlを作成する。Homestead initialized!と表示されたら成功です

    ./init.sh
    
  5. 開発環境へ接続する際、毎回パスを入力するのは不便なので下記コマンドを実行し、秘密鍵、公開鍵(id_rsa と id_rsa.pub)を作成します。既に作成済みの場合は不要です

  6. Homesteadディレクトリに再度戻り以下のコマンドを実行し、Homestead.yamlを編集します。このファイルを編集することでHomesteadの設定を変更することができます

    vim Homestead.yaml(またはvi Homestead.yaml)
    
  7. Homestead.yaml内の下記の部分を適時編集します

    Homestead.yamlのサンプル.txt
    ---
    ip: "192.168.10.10" ← 開発環境として割り当てるIPアドレス
    memory: 2048
    cpus: 1
    provider: virtualbox ← 使うVM
    
    authorize: ~/.ssh/id_rsa.pub ← SSH公開鍵の場所
    
    keys:
        - ~/.ssh/id_rsa ← 秘密鍵の場所
    
    folders:  Windows上と仮想マシン上とで共有したいフォルダを指定します
        - map: ~/MyVagrant ← Windows上の開発環境(D:/Developなどの指定も可)
          to: /home/vagrant/Code ← 仮想マシン上の開発環境
    
    sites:
        - map: homestead.app ← ホスト名
          to: /home/vagrant/Laravel/public ← 公開するルート
    
    databases:
        - homestead
    
  8. なお、プロビジョニング後にHomestead.yamlを変更した場合、下記コマンドを実行する必要があります

    vagrant reload --provision
    
  9. すべての準備が整ったのでHomesteadディレクトリ内で下記のコマンドを実行し、仮想開発環境を構築します

    vagrant up
    

Laravelのインストール

  1. Homesteadディレクトリで下記コマンドを実行し仮想開発環境へアクセスします

    • RLoginなどのツールで接続する場合は下記のコマンドは不要です

      vagrant ssh
      
  2. Homesteadを使うと、仮想開発環境にはcomposerが予めインストールされているので、composerを使ってLaravel環境を構築します。phpStorm側でLaravelのプロジェクトで作成して、それをサーバにアップロードするという形でも可能です

    composer create-project laravel/laravel --prefer-dist Laravel(ディレクトリ名となる)
    
  3. ブラウザで192.168.10.10にアクセスした際、Laravelのデフォルトページが表示されていればインストール成功です

Laravelの設定変更

概要

  • Laravelの設定ファイルは、configディレクトリに保存されています
  • configディレクトリの設定は.envファイルの値を参照しています
  • .envファイルを用意することで開発環境、本番環境の切り替えを容易にしています
  • .envファイルがない場合は、.env.exampleをコピーして使います
    • コマンド:「cp .env.example .env」

.envファイルの主要な変更箇所

  • 下記の内容を設定した内容に沿うように変更する
    • DB_DATABASE=hogehoge
    • DB_USERNAME=hogehoge
    • DB_PASSWORD=hogehoge
    • APP_DEBUGをtrueにしておく
      • trueにしておくと例外発生時にスタックトレースが表示される
  • .envファイル内にアプリケーションキーを登録する(APP_KEY欄がSomeRandomStringの場合)
    • コマンド:「php artisan key:generate」

app.phpファイルの主要な変更箇所

  • 下記の内容に変更する
    • 'timezone' => 'Asia/Tokyo',
    • 'locale' => 'ja',

備考

Macの場合

Macの場合であっても基本はWindowsとほぼ同じです。Macの場合、Mac環境側の構築がWindowsと異なります

参考

yunomi
プレイすることも創ることも好きなひよっこゲームクリエイター。少しでも先人に追いつけるように日々勉強中です。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした