1. yunano
Changes in tags
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -62,11 +62,11 @@
lockfile="/var/lock/subsys/$prog"
pidfile="/var/run/${prog}.pid"
logfile="/var/log/${prog}.log"
sysconfig="/etc/sysconfig/$prog"
-confdir="/etc/consul.d"
+confdir="/etc/${prog}.d"
[ -f $sysconfig ] && . $sysconfig
export GOMAXPROCS=${GOMAXPROCS:-2}
@@ -170,11 +170,11 @@
CentOS 7でなくてもsystemdを使っているディストリビューションなら大抵は使えるんじゃないかな。
(Debian系だとEnvironmentFileは /etc/sysconfig/consul ではなく /etc/default/consul の方が良い、とかはあるだろうが)
```ini:/etc/systemd/system/consul.service
[Unit]
-Description=Manage the consul agent
+Description=consul agent
Requires=network-online.target
After=network-online.target
[Service]
EnvironmentFile=-/etc/sysconfig/consul
@@ -194,5 +194,19 @@
network-online.targetをRequiresとAfterに指定し、サービス起動が行われる前にはすでにネットワークに接続されていることを要求している。
Environmentに定義した変数の値よりEnvironmentFileで指定したファイルに定義した変数の値の方が優先される。よってinitスクリプトと同様、GOMAXPROCSは /etc/sysconfig/consul に定義していないなら自動的に2になる、という動きになる。
initスクリプトの方は /var/log/consul.log に出力がリダイレクトされるようにしてあるが、こちらは`journalctl -u consul.service`で出力が取得できるので、特に別途ファイルに出力するようにはしていない。
+
+# Gistからのダウンロード
+
+consul, consul-template, vaultのinitスクリプトとsystemdユニットファイルをGistに上げておいた。
+
+* CentOS 6用initスクリプト
+ * [consul](https://gist.github.com/yunano/d3d3dc2ed4c0db3be53f)
+ * [consul-template](https://gist.github.com/yunano/4140341d4f0be9fd1e8f)
+ * [vault](https://gist.github.com/yunano/c4e641bad3fb9f78d6cf)
+
+* systemdユニットファイル(CentOS 7で確認)
+ * [consul.service](https://gist.github.com/yunano/c27eb679a29ab70178ca)
+ * [consul-template.service](https://gist.github.com/yunano/7178c825bd4450f03f4a)
+ * [vault.service](https://gist.github.com/yunano/66caf8c5ed993bb2f4e3)