Ruby
AWS
CI
RubyOnRails
CircleCI

Rails + CircleCI 1.0 + AWS の設定手順 ビルド開始~デプロイ完了まで

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

RailsでCircleCI環境を整えるまでの手順をまとめました。

CircleCIはバージョン2.0がありますが、
Dockerがないといけない?ようなので、バージョン1.0で準備しました。

circleCIとは

簡単に言うと、
githubのpushを検知して、自動でビルドからテスト、デプロイまで自動化してくれるツール。
(デフォルトだと全部ブランチ対象)

1コンテナは無料なので、時間が掛かってもよいのであれば無料枠で十分。

https://circleci.com/

設定ファイル

必要なファイルは以下3つ

① circle.yml
② config/database.yml.ci
③ script/deploy-staging.sh

① circle.yml

circleCIを動かくための設定ファイル。
Railsのアプリケーションディレクトリ直下にファイルを作ります。(gemfileとかと同じ場所)

② config/database.yml.ci

テストするためのDB設定ファイル。Rspecを実行するために必要。

③ script/deploy-staging.sh

テストが終わったらステージング環境へデプロイするためのスクリプトファイル。

設定ファイルの中身

circle.yml
machine:
  timezone:
    Asia/Tokyo
  ruby:
    version:
      2.3.0
dependencies:
  pre:
    - sudo pip install awscli
  override:
    - bundle install:
database:
  pre:
    - mv config/database.yml.ci config/database.yml
  override:
    - bundle exec rake db:create db:schema:load RAILS_ENV=test
    - bundle exec rake db:migrate RAILS_ENV=test
test:
  override:
    - bundle exec rspec spec/
deployment:
  staging:
    branch: master
    commands:
      - sh script/deploy-staging.sh:
          timeout: 1500

ポイント
AWSにデプロイするのにawscliを使用するために、
「sudo pip install awscli」を記述する。(デフォルトは古いらしい)
DB名は「test」じゃないと動かない。

config/database.yml.ci
test:
  adapter: postgresql
  encoding: unicode
  database: test
  pool: 5
script/deploy-staging.sh
#!/bin/sh

export AWS_DEFAULT_REGION="ap-northeast-1"

MYSECURITYGROUP="*"
MYIP=`curl -s ifconfig.me`

aws ec2 authorize-security-group-ingress --group-id $MYSECURITYGROUP --protocol tcp --port 22 --cidr $MYIP/32

bundle exec cap production deploy

aws ec2 revoke-security-group-ingress --group-id $MYSECURITYGROUP --protocol tcp --port 22 --cidr $MYIP/32

ポイント
MYSECURITYGROUPは、AWSのセキュリティーグループIDを指定する。
LFの改行コードで作成する。CRLFだと動かない。

その他設定

CircleCI側にAWSの秘密鍵を登録する。
AWS上で「cat ~/.ssh/id_rsa」で表示されるもの。

CircleCI側にAWSのアクセスキーとシークレットキーを設定

AWSの秘密鍵をAWSの認証キーとして登録。
AWS上で「cat id_rsa >> ~/.ssh/authorized_key」

Port 22をセキュリティグループで空けておく。