Edited at

Xcodeビルドエラー「xxx has conflicting provision settings...」はApp IDsによってSigningの設定を変える

More than 1 year has passed since last update.


Xcodeビルドエラー「xxx has conflicting provision settings...」はApp IDsによってSigningの設定を変える


エラー内容:xxx has conflicting provision settings...

「プロビジョンの設定がおかしいです」的な。


エラー原因

Xcode > target > Signing の設定が原因になっているようだ。


対処

Apple Developer Program の App IDs

①Explicit App ID のとき

②Wildcard App ID のとき

によって、それぞれ設定を下記の通りにしたらエラーが消えた。


①App ID が Explicit App ID のとき

Xcode > target > Signing を以下に設定


  •  Code Signing Identify

      - Debug    → 「 Automatic 」

      - Any iOS SDK → 「 iPhone Developer 」

      - Release    → 「 iPhone Distribution 」

      - Any iOS SDK → 「 iPhone Distribution:(個人) 」


  •  Provisioning Profile        → 「 Automatic 」


  •  Provisioning Profile(Deprecated) → 「(Developer で設定した Provisioning Profiles)」


↓実際のスクリーンショット


②App ID が Wildcard App ID のとき

Xcode > project > Signing を以下に設定


  •  Code Signing Identify

      - Debug    → 「 iOS Distribution 」

      - Any iOS SDK → 「 Don't Code Sign 」

      - Release    → 「 iOS Distribution 」

      - Any iOS SDK → 「 Don't Code Sign 」


  •  Provisioning Profile        → 「(無選択)」


  •  Provisioning Profile(Deprecated) → 「(無選択)」


 

Xcode > target > Signing を以下に設定


  •  Code Signing Identify

      - Debug    → 「 iOS Distribution 」

      - Any iOS SDK → 「 iOS Distribution 」

      - Release    → 「 iOS Distribution 」

      - Any iOS SDK → 「 iPhone Distribution:(個人) 」


  •  Provisioning Profile        → 「 (Developer で設定した Provisioning Profiles) 」


  •  Provisioning Profile(Deprecated) → 「(Developer で設定した Provisioning Profiles)」


↓実際のスクリーンショット(project)

↓実際のスクリーンショット(target)


おことわり

上記では、とにかく試行錯誤してエラーが消えた組み合わせを記録した。

詳しいことについては、わかり次第 追記したいと思う。

こちらの記事 が参考になりそうだ。