Edited at

GitHubにJavaファイルを登録するまでの手順

More than 1 year has passed since last update.

初心者故にたまにど忘れするので備忘録。


1. ローカルリポジトリを作成

Terminalを開き、登録したいJavaファイルが入っているディレクトリまでcdし、以下のコマンドを叩く。

$ git init


2. .gitignoreを生成

.gitignoreとは、登録したくないファイルの種類(Javaならclassファイルとか)を指定するために書くもの。指定したファイルを、その名の通りignore(無視)してくれる。

作り方はいくつかあるが、自分はgiboを使用する。

giboは自動で.gitignoreファイルを生成してくれる優れもの。

以下のコマンドを打ち込む。

gibo java >> .gitignore

ローカルでの作業は一旦ここまで。


3. リモートリポジトリをつくる

GitHubにアクセスし、新しくリポジトリを作成する。

その際.gitignoreを自動生成するオプションが選択できるが、既に作ってあるので選択しない。

リポジトリが作成できたらHTTPSのURLが発行されるので、それをコピーしておく。


4. リモートリポジトリをローカルリポジトリに紐付ける。

以下のコマンドを打ち込む:

$ git remote add origin URL

URLの部分に、先程コピーしたリモートのHTTPSのURLを貼り付ける。


5. add, commit & push!

$ git add .

$ git commit -m "remote upload"
$ git push -u origin master


以上!