Python

辞書型についてメモ

辞書型(dictionary)

キー(key)と値(value)のペアの集合

キー,値のリストの習得

keysメソッドを使うとキーのリストの取得できる

辞書オブジェクト.keys()

値のリストの習得にはvaluesメソッドを使う

辞書オブジェクト.values()

OrderedDictについて

OrderedDictとは'順番付きの辞書'のこと
つまり項目が追加された順序を記憶してくれる辞書のことです

まず普通の辞書だと順番が保持されないということを確認してみます

~普通の場合~
dic1.py
a={}
a['yamamoto']=90
a['suzuki']=75
a['maeda']=100
a['sakamoto']=60

以下の結果を得られる

aの内容
{'maeda':100,'sakamoto':60,'suzuki':75,'yamamoto':90}

上記結果のように追加された順番と表示される順番は異なる場合がある(新しいバージョンではできるみたいです、確認してみます)

~OederedDictの場合~
order1.py
from collections import OrderedDict

b=OrderedDict()
b['yamamoto']=90
b['suzuki']=75
b['maeda']=100
b['sakamoto']=60

この場合以下の結果を得られる

bの内容
OrderedDict([('yamamoto', 90),('suzuki', 75),('maeda', 100),('sakamoto', 60)])

順番が保持されているのが確認できた