Edited at

【エンジニアの生存戦略を多少考える】アウトプットのすゝめ

みなさんはエンジニアライフを日々いかがお過ごしでしょうか?

私は2018年6月頃から、ショボいながらもQiitaでのアウトプットや副業でベンチャー企業さんのお手伝いを始めました。 :pencil:

色々始めてから半年ほど経ち振り返ってみると、非常に自身のプラスになる点が多かったです。

アウトプットを始める前の自分もそうでしたが、

「エンジニアとしてアウトプットしないといけないのは分かってるけど、腰が重いなぁ。」

「アウトプットって言っても、何していいかよく分かんない。」

と感じておられる方々の励みになればと思い、自身の経験をまとめました。 :innocent:


アウトプットの定義

私の個人的な定義ですが、 第三者が見える(アクセスできる)何かしらのモノをweb上に残すこと を「アウトプット」としています。

そのため、下記のようなものが主なアウトプットに該当するかなと思っています。


  • 自身でプロダクト作ってGithubに掲載する


    • AWS/GCP/herokuなどで実際に動いており、誰でもアクセスできるとさらに望ましい



  • 技術ブログ(Qiita, Meduim, はてぶ)を書く


    • 言語やフレームワークの話

    • IDEや便利ツールの話

    • 組織文化やチームビルディングの話

    • キャリアの話



  • 他の会社で副業して開発に貢献する


    • そこで得た知見や貢献した事項を(情報漏洩にならない範囲で)記事に落とし込む




目的

私の場合は主に、自身の技術力の向上と転職を目的としていました。

ある程度プログラミングに慣れてきて仕事での開発が安定してきた頃にふと、今後の技術レベルを高めるためにどうしようかなと悩んでいました。

いわゆる、「市場価値を高める」ためにどうすべきかなと考えた結果、技術的アウトプットをする必要があるという考えに至りました。

また、色々あり「チクショー転職だー!」という状況に至り、

当時はポートフォリオや技術ブログへのアウトプットなど全くない状態で転職活動を始めたのですが、面白いほどの高確率で門前払いを受けました..。

(アウトプット云々以前に、単純に自身のスキルや業務経歴が浅いことも相まっているとは思います。)

あまりにもウケが悪かったので「こりゃ偶然や運が悪いわけじゃないな」と観念し、何かしらのアウトプットを残そうと思いたちました。


アウトプットのやり方


技術ブログ

私の場合、基本的には普段の業務でコケた事項の深堀りや職場で実践して上手くいったノウハウ(ただし社外に出しても問題ない範囲で)をQiitaの記事にしていました。

Qiitaに手を出した理由としては、手っ取り早く始められる(メンテ要らない、SEOとかもやってくれてる)からです。

その他、Meduimやはてブなどを使うのも良いかもしれません。

私の場合、MediumにはQiitaの英語版の記事を出し、はてブには直接プログラミングには関係ない内容を挙げています(最近あまり更新していないですが...)。

例えばもしあなたが初めてRubyでCSVデータを扱うタスクを担当した場合、RubyでのCSV操作の方法や注意点などを記事に載せるのがいいかなと思います。

理由としては、 業務の中でのつまずきポイントは、ググってその場で何となく動くようにしてお終い にしがちであり、根本的な知見を身につけるに至らないことが多いからです。

その場しのぎはそれ以上の知識や知恵にはならないので、同じ事象に出会う度に何度もググる羽目になります。

または、よく分からないけどこうすれば動く、というテンプレ程度の知識しか残りません。

私の場合は業務で苦戦したポイントをメモっておき、週末にそれに対する深堀やおさらいをして記事にまとめました。

この手の内容を記事にするメリットとしては、記事(アウトプット)の肥やしになり、自身の知見も深まり、その上、同じような事象で困っている人たちの助けになることです。

また、もし間違えたことを書いていた場合でも、読者さんから マサカリを投げて頂けたり 優しくご指摘頂けたりして知識の修正が入るので、結局は自身の力につながります。

上記のように、技術ブログを書くことに対する損失/リスクはほぼないので、やらない理由はないかなと思います。

ちなみに、世間では(特に初心者の実施する)技術ブログによるアウトプットに対する賛否が語られていますが、私個人としてはショボくてもドンドン外部にアウトプットを残すべきであると考えています。

誹謗中傷や意図的な嘘の情報など、いわゆるモラル的にダメなものを除いて、アウトプットは万人に与えられた権利である(インターネット万歳!)と思っていますので、個人的にはどんどんやるべきかなと思います。

(私もクソ記事を書いて世界の検索汚染に貢献しています。 :innocent:


副業

私の場合は主にwantedlyを転職目的で使ったいましたが、「副業で一緒にやってみて、そのまま合えば社員としてご一緒しませんか?」というスタンスが結構ウケました。

企業としても応募者としても、副業で始めてみて両者のことをよく知った上で正社員になるのが、お互いにとって低リスクです。

ただ、 企業さんがあなたのことをそれなりに欲しい人材と見ている 場合に限るかもしれません。

※このターゲットに入るべく、普段から技術ブログなどでのアウトプットをきちんとしておくことをお勧めします。

※副業専用の募集サイトなどもあると思いますので、副業としてやりたい場合にはそちらを使われた方が企業側との話はスムーズかと思います。

私の場合は結局正社員としてのジョインに至るケースはありませんでしたが、この半年の間にベンチャー系の会社さん2社(A社、B社)でお手伝いさせて頂きました。


  • A社:スクラム開発体制の導入のお手伝い&開発環境へのDocker導入


    • 稼働期間


      • 1ヶ月稼働時間:80時間/月



    • 業務内容


      • 開発組織の立ち上げのお手伝い

      • Dockerを用いたローカル開発環境の構築


        • Dockerの扱いはこの時が初めてでしたが、プラスアルファのお手伝いとして勉強しながら取り組ませて頂きました。







  • B社:ECサイトの開発


    • 稼働期間


      • 2ヶ月、稼働時間:120時間/月



    • 業務内容


      • Ruby/Railsを使ったシステム開発





転職には直接繋がりませんでしたが、副業を経て自身のスキルの幅と深さを身につけられた(&勿論稼働に対する報酬も頂きました)ので、やって良かったなと思っています。


副業の注意点



  • エンジニアがエンジニアとして出稼ぎを始めてみたにも記載している通り、あくまでもメインは本業のため、副業へのリソース配分には十分ご注意ください。


    • 副業をするにあたっては社内で説明をしてから行った方が後々問題になりにくいかと思います。

    • 法的には所属元の会社が従業員に対して副業を禁止することはできません(競業他社での勤務とかはダメです)が、だからといって勝手に始めると社内で肩身の狭い思いをする羽目になる可能性もあるので、筋を通してからやった方がいいかなと思います。



  • 副業先との契約形態は事前に合意を取っておくべきです。



  • 副業での収益が1年間の間で20万円を超える場合には確定申告が必要のため、そのための準備は事前にやっておいた方が後々楽です(20万円未満でも住民税の申告は必要です)。


    • 少なくとも、先方に送付する請求書と交通費の履歴(ICカードの履歴)はちゃんと手元に残しておきましょう。




アウトプットを通しての変化


自身の技術力が向上した

副業先で関わらせて頂いた方は私よりも遥かにスキルが高かったので、OOPらしいコードがどんなものか、パフォーマンスを考慮した実装がどんなものか、という知見を深めることができました。

また、自身が如何に井の中に居たのかを思い知らされたので、エンジニアとして今後も自己研鑽しないとヤバイという焦りや励みにもなりました。


技術に対する興味が増した

普段の業務の中だけでコードを書いたり調べたりしているだけでは知らなかった・経験できなかったことに沢山触れることができ、「もっと知りたい、やってみたい」というメンタルになりました。

知れば知るほど面白さが増すのが、エンジニアの世界なんだと思います。


成長フェーズが異なるサービスでの開発を経験できた

本職で扱っているサービスとは成長フェーズや対象業界の異なるサービスの開発に携わらせて頂いたお陰で、今まで経験したことのなかったものをたくさん得られ、刺激的でした。


転職活動にプラスになった

「アウトプットを継続的にしている」というだけでも転職市場にはプラスに働くようで、転職サイトでのスカウトを頂く機会が増えたり、面接でもプラスの印象を持って頂くことが多くなりました。

意欲的に活動している人材は、たとえ現在のスキルがそれほど高くなくても入社後のキャッチアップが早そうなどのポテンシャルを感じて頂けることが多い印象です。

もちろん「全ての面接で無双できるようになった」といったほどの成果は出ていませんが(単純に自身のレベルがそれほど高くないだけですが...)、少なくとも以前よりはお声がけ頂ける機会が多くなり、面接も(門前払いではなく)ある程度のところまでは進めるようになりました。

また、QiitaやGithubを閲覧された企業の採用担当者さまから直接ご連絡いただく機会もありました。

転職サイト上でのメッセージはありましたが、まさかわざわざ連絡頂ける機会が来るとは正直驚きでした。


まとめ

確かにアウトプットを始める際の最初の一歩は心理的障壁が高いですが、始めてみればどうということはなくなります。 :smiley:

また、アウトプットに伴うデメリット(アウトプットするための時間が必要など?)に比べて、アウトプットをやらないことのデメリットの方が遥かに大きいと思うので、まずは小さくてもいいので始めてみるのがいいと思います。

日々の小さな積み重ねが、半年後や一年後に大きな成果として自身に返ってくると思います。

というわけで、アウトプットを躊躇っているそこのあなたも、今日から一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。 :muscle:


合わせて読みたい